ハゲの原因

男性ホルモンによる遺伝性のハゲの原因

投稿日:2018-08-01 更新日:

男性ホルモンによるハゲの原因はDHT
・よく男性ホルモンが多いヤツは禿げると言われるけど、何で?
・本当にハゲの原因は男性ホルモンにあるの?
・強力な男性ホルモン!?それがハゲの根源?

髭が濃い。体毛が多い。よく言われる男性ホルモンが多い人の特徴。

「でも、髭が濃いくても体毛が多くてもフサフサなヤツは沢山いるぞぉ!何でだぁ?」

チェックポイント・ある男性ホルモンが大きく作用!そのホルモンの正体とは?
・そのホルモンがハゲに作用する理由とは?

スポンサードサーチ

ハゲに作用する男性ホルモンとは?

正常な発毛のサイクル(ヘアサイクル)が狂わされると、薄毛が目立ちだし最終的には禿(ハゲ)へと繋がって行きます。

そのサイクルを狂わす張本人が、『DHT(ジヒドロテストステロン)』なのです!

強力な男性ホルモン『DHT』とは?

DHTは強力な男性ホルモン
DHTとは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素により強力な男性ホルモンへと変換させられたものです

5αリダクターゼに関しては、こちらで詳しくご紹介しています↓↓↓

とは言え、ハゲの原因だけを作り出すホルモンではありません。
こちらでは、少しだけDHTの役割をご紹介します。

DHTの役割とは

ホルモンと言ってもその種類は多岐に渡ります。
その中でDHTは、『性ホルモン』と呼ばれるホルモンに分類されます。

この性ホルモンは、男性型と女性型に分類され、DHTは、もちろん男性ホルモンに属する訳です。

DHTは性ホルモンの一種

DHTの働きは、母親のおなかの中にいる胎児の段階で男性の「生殖器」を形成します。
これを『一次性徴』と言います。

そして、思春期における声変わりや髭、骨格、体格の変化などが起るのが『二次性徴』です。

この2つの『性徴』により、子孫を残す身体へとつくり変えてくれる訳です。

スポンサードサーチ

男性ホルモン(DHT)が、ハゲの原因となるその理由

さて、5αリダクターゼという酵素により変換してしまったDHT。
このホルモンは、どんな悪さをするのか・・・。

実は、毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプターと言う『男性ホルモン受容体』と結合し、髪の毛のサイクルを狂わすのです。

狂わされたヘアサイクルは、成長期を短くされてしまい、太いハリのある毛髪が育たず、未成長の細くて薄い毛髪だけが残ってしまうのです。

男性ホルモン受容体とは?

そもそもホルモンは、直接細胞に働きかける事は出来ません
そこで、細胞膜や細胞内に存在する『受容体(レセプター)』と言うたんぱく質が橋渡しとなり、ホルモンの作用を細胞にもたらすのです。

男性ホルモン受容体
男性ホルモン受容体は、主に髭や腋毛、前頭部の毛乳頭細胞に存在し、DHTと結合することにより、髪のサイクルを狂わします。

因みに、男性ホルモン受容体は後頭部の毛乳頭細胞には存在しません
その為、AGA(男性型脱毛症)の様に、前頭部が禿げて後頭部には髪が残っている!という状態となるのです。

DHTはなぜ結合しやすいのか?

ハゲに関わる塩基配列

実は、薄毛と関わりのある遺伝子(=塩基配列)というものが存在します。
それがCAGGGCです。

この2つの塩基配列のリピートする回数が少ないと、DHTとアンドロゲンレセプターの結び付きが強くなってしまうのです

CAGCAGCAGCAGCAG・・・。GGCGGCGGCGGCGGC・・・。

「禿げやすいと禿げにくい」の境界線は、38以上のリピート回数です。
これよりリピート回数が短いと剥げやすくなる事が解っています。

ハゲの遺伝子。DNAは変えられない!

その通り!
塩基配列、すなわち遺伝子を変える事は不可能です。

という事は、やはり遺伝性のAGAは諦めなければ成らないのでしょうか・・・。

いえ!そこで発想の転換です。
DHT(ジヒドロテストステロン)の生みの親である『5αリダクターゼ』を抑制してしまう!という方法があるのです。

参照:5αリダクターゼとは?(準備中)

要するに、投薬によってこの酵素の働きを抑え、正常な発毛サイクルへと導いて行く!
それが、AGA治療の根幹でもあります!

まとめ

・男性ホルモンのハゲの原因はDHTにあり!
・DHTを抑える事により発毛サイクルを正常化できる!
・DHTを作り出さない治療がAGAである!

男性ホルモンによる遺伝性のハゲの原因は、以上となります。

冒頭でご紹介した「男性ホルモンが多いと髭や体毛が濃い!」そして「禿げやすい!」というロジックですが、今回のDHTで少しお解り頂けたと思います。

体毛や髭に関しては、確かに男性ホルモンの働きによるものです。
そして、頭髪については女性ホルモンが関与しています。

ただ、禿げる人は女性ホルモンが少なく男性ホルモンが多い!と言うのではなく、遺伝性によって生み出されDHTによって、男性ホルモンを多く吸収してしまっているのが理由です。

まぁ~、多かろうが少なかろうが、ハゲてしまってはどうでも良いことなんですが・・・。

スポンサードサーチ

-ハゲの原因
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

正常なヘアサイクルとは?

ヘアサイクルの乱れ!その原因は?

・正常なヘアサイクルってなに? ・ヘアサイクルって元に戻せるの? ・ヘアサイクルは、なぜ乱れるの? ヘアサイクルの乱れは、ハゲへの扉が開いた証拠!? では、そもそも何故ヘアサイクルは狂ってしまうのでし …

ハゲの原因となる遺伝子とは?

ハゲの原因となる遺伝子とは?

・父親が禿げていたら必ずハゲるのか? ・隔世遺伝って祖父がハゲだと孫が禿げる? ・親父がハゲでも息子が禿げないパターンもあるぞぉ? 俺の父親は禿げている!遺伝だぁ!俺も間違いなくハゲるだろう・・・。 …

5αリダクターゼについて

ハゲの原因。それは男性特有の酵素にあり!

・男のハゲの根本原因は、結局なに? ・ハゲを改善するには何を抑えれば良いの? ・正常な男性ホルモンが強力な男性ホルモンに変化する? ダース・ベイダーがDHTなら、シスは5αリダクターゼ! そう!正常だ …

禁煙情報サイト:Tobacco Road