ハゲの原因

ヘアサイクルの乱れ!その原因は?

投稿日:

正常なヘアサイクルとは?
・正常なヘアサイクルってなに?
・ヘアサイクルって元に戻せるの?
・ヘアサイクルは、なぜ乱れるの?

ヘアサイクルの乱れは、ハゲへの扉が開いた証拠!?

では、そもそも何故ヘアサイクルは狂ってしまうのでしょうか?
遺伝によってそうなる!と一言で言ってしまえばそれまでなんですが、やはりそのメカニズムは知りたい!

チェックポイント・そもそもヘアサイクルとは?
・ヘアサイクルが短くなると危険!

スポンサードサーチ

ヘアサイクルとは

ヘアサイクルについて:ハゲ野郎研究所

木々と同じように、我々の髪にも「サイクル」というモノが存在します。
そして、そのヘアサイクルは【成長期】【退行期】【休止期】の3つに分けられます。

正常なヘアサイクルが禿げを予防する

さて、結論から言いますと・・・。
このヘアサイクルの期間が長い程、コシのある太い髪の毛が頭皮から生え続ける。

すなわち、禿げにくい人!という事になるのです。

その逆に、ヘアサイクルの期間が短くなれば成る程、細く短い毛髪が目立つようになり、いずれ禿げてしまう事となるのです。

という事は、『ハゲ防止とは、ヘアサイクルの周期を正常化してやる!』という結論に行き着く訳です。

ヘアサイクルのメカニズム

毛根の本数は赤ちゃんの時には決まっている

ヘアサイクルの前に、髪の毛が生まれる仕組みをご紹介!

実は毛根と呼ばれる部分は、赤ちゃんの時には既に数が決まっており、それ以上増える事はありません。
すなわち、毛根が死んでしまうと減る一方という事となります。

そして、その毛根部分には髪を生み出す『毛球』と呼ばれる製造工場が存在します。

ヘアサイクルの仕組み

その毛球の中には、司令塔と呼ばれる『毛乳頭』があり、この毛乳頭から指令を受けた『毛母細胞』が自ら分裂を行い、それが髪の毛となって毛根から押し出され成長していきます。

これが、髪の毛「誕生」のメカニズムです。

ヘアサイクルは成長期が一番大事!

ヘアサイクル:成長期
成長期とは、毛母細胞が分裂し続ける期間を指します。
これは、毛根から押し出され『毛幹』に出てきた髪の毛が、その後も成長(伸びる)し続けるというものです。

髪は、1日に0.2~0.5ミリ程成長し、1年で約15cm程にもなります。
もちろん、その成長にも終わりがあり、その期間が成長期と呼ばれ約2年~6年ぐらいだとされています

この成長期が長ければ長いほど、髪の毛は長く太く成長していき、フサフサな髪へと導いてくれるのです。

人の髪の毛は、およそ10万本と言われています。その1本1本の髪のサイクルはそれぞれ独立しており、抜ける時期もバラバラです。その為、1日に抜ける本数は、多くて約100本程だとされています。

ヘアサイクルが止まる退行期

ヘアサイクル:退行期

成長期の停止時期がやってきます。それが『退行期』です。

毛包が縮んで毛球も退化し、髪の毛が外へ押し出され抜け落ちる準備期間に入ります。
その期間は、約2~3週間ほどです。

ヘアサイクルの新旧交代!休止期

ヘアサイクル:休止期
髪の毛の成長は完全に停止し、毛根は休眠状態に入ります。

しばらくすると新たな髪が誕生し、古い髪が押し出され抜け毛となります。
この休止期は約3~4ヶ月ほど

その後、成長期へとヘアサイクルは再稼働されて行きます。

スポンサードサーチ

ヘアサイクルが短くなる!?その判断は?

ヘアサイクルが短くなる

ところでヘアサイクルが短くなったって、どのように判断すれば良いのでしょうか?

時間周期って、自分で測れるものなのでしょうか?

答えは、『簡単に判断出来ます!』・・・です。

ヘアサイクルの狂い!抜け毛の状態をチェック

1日に約100本ほどが抜け落ちると前述で記載しました。

そして、髪の毛が抜ける事自体は問題ではありません。正常且つ健康的なヘアサイクルです。

しかし、今抜けたその髪。
そう!その抜け毛の状態が問題となってくる訳です!

要は、細く短い髪の毛が目立ち出すと、【成長期】が短くなってきていると判断出来る訳です

その様な抜け毛の場合、成長期は数か月~1年単位まで短くなっています。

そして、退行期や休止期の期間は変わらず・・・となってくると、頭皮は瑞々しい芝生の様な状態から、乾燥地帯の草原の様な寂しい状態へと変化して行くのです。

ヘアサイクルの回復は早期対処にあり!

ヘアサイクルが短くなる原因

上記の様な状態になると、黄色信号の点滅と言えます!
直ぐにでもAGAの治療を行う準備をしなくてはなりません。

何故ならば、まだ貴方のヘアサイクルは正常に戻せるかも知れないからです!

先ほども述べたように、毛根の数は生まれながらにして決まっています。

減る事はあっても増える事はありません。
だから、細く短い髪で抜けた毛根であっても、まだ「存在」しているのです。

この『存在』している間にケアを行えば、毛根は復活する期待が持てます

まとめ

・ハゲの原因の一つはヘアサイクルの短期化にあり!
・髪の毛が抜ける事自体に問題はない!
・毛根が死ぬ前に対処を!

『ヘアサイクルの乱れ、及びその原因』に関しては、以上となります。

とにかく早めの対処が肝心!
時間や金銭的な制約もあるでしょうが、毛根が死滅してしまうと、もうThe End!です。

スポンサードサーチ

-ハゲの原因
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

男性ホルモンによるハゲの原因はDHT

男性ホルモンによる遺伝性のハゲの原因

・よく男性ホルモンが多いヤツは禿げると言われるけど、何で? ・本当にハゲの原因は男性ホルモンにあるの? ・強力な男性ホルモン!?それがハゲの根源? 髭が濃い。体毛が多い。よく言われる男性ホルモンが多い …

5αリダクターゼについて

ハゲの原因。それは男性特有の酵素にあり!

・男のハゲの根本原因は、結局なに? ・ハゲを改善するには何を抑えれば良いの? ・正常な男性ホルモンが強力な男性ホルモンに変化する? ダース・ベイダーがDHTなら、シスは5αリダクターゼ! そう!正常だ …

ハゲの原因となる遺伝子とは?

ハゲの原因となる遺伝子とは?

・父親が禿げていたら必ずハゲるのか? ・隔世遺伝って祖父がハゲだと孫が禿げる? ・親父がハゲでも息子が禿げないパターンもあるぞぉ? 俺の父親は禿げている!遺伝だぁ!俺も間違いなくハゲるだろう・・・。 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road