ベルギービール

Orval/オルヴァル【ベルギービール】の評価・レビュー

投稿日:2006-01-31 更新日:

Orval/オルヴァルの口コミ・評価・感想
真正トラピスト?よく聞く修道院で造っているビールのこと?どんな味がするのだろうか。想像では独特な感じがするのだけど・・・。実際飲んでみた感想を聞きたい!

本物のトラピスト?
確かに解り辛い。ベルギービールは、たださえ複雑怪奇なのに修道院ビールと言われると「?」である。

こちらでは下記ポイントを踏まえて、実際に『Orval/オルヴァル』を飲んでみた評価・レビューをお届けしたいと思います。

チェックポイント・Orval/オルヴァルとの出会い。日本でもお目に掛かれるとはぁ!
・【独断と偏見レビュー】選ばれし修道院ビールの味は、やはり複雑な味わいと香りだった!

Orval/オルヴァルとの出会。いつものリカーショップのビールコーナーで

ビールのレビュー・評価をご紹介

相変わらず冒険心が高い近所のリカーショップ。

今回もさり気なく鎮座したいたので、見落とすところだった。
それが『Orval/オルヴァル』である。

良い時代になったではないかぁ!
真正トラピストを日本でも手軽に飲めるとは・・・。

チョッとの間、感慨深気に眺めていたが、ふと疑問がぁ。

真性トラピスト?
そう、本人もよく解っていないのである。

修道院ビールとかトラピストビール(アビービール)とか、色々呼び方があるのでゴッチャになってよく解らん!

ただ、選ばれしビールである事だけは理解している。
なんせ、世界で6ヶ所(ベルギーの他、オランダに一つ)のトラピスト会の修道院で造られるビールだから・・・。

Orval/オルヴァル プチ情報

マチルドの泉の伝説
イタリア・トスカーナ地方の伯爵夫人「マチルド・トスカニー」の名が付いた泉。
その地に設立されたのがオルヴァル修道院。

亡き夫からもらった結婚指輪を泉の中に落としてしまい、聖母マリアに「もし指輪がかえって来たら、この地に修道院を建てます!」と願ったところ、一匹のマスが指輪を加えて水面に表れた・・・という伝説。

その時婦人が発した「Val d’Or!(まさに黄金の谷だわぁ!)」が、この谷一帯の地名『Orval/オルヴァル』になったという話。

そして、婦人は約束通り、この地に修道院を建設する為の基礎資金を寄付する事に。
その修道院は、1124年に完成。

Orval/オルヴァル:独断と偏見によるレビュー

Orval/オルヴァルを飲んでみた感想

ん~ん、瓶を眺めていると何やら厳かな感じがしてきたではないかぁ。

見た目はシンプル過ぎるぐらいシンプルなのだがぁ・・・。

根拠は無いが、何故だか期待が膨らむ。

Orval/オルヴァルを実際に飲んでみた感想とは

 

Orval/オルヴァルの評価・レビュー

では、早速厳かな感じでグラスに注ぎ入れると・・・。

ほぉ~、なかなか渋い色合い。
数種類のモルトが調合されているようだぁ。

独特の深みのあるブロンズ色。濁りも加わり、更に奥深さを演出している。

おぉぉー、キメ細やか。モクモク系だぁ!
まるで綿菓子!

幸先が良いぞぉ。この泡はぁ!

いかん!見た目だけで大好物なヤツだぁ。こうしては居られん!
早速、ファーストコンタクトを!

ほぉー、絶妙。
まさにバランス感覚に優れた味わい♪

苦味と酸味が、まるで平屋の一軒長屋両隣、仲良く暮らしているようではないかぁ。

うぉ~、クセが強いぃ!!
これまた独特な乳酸のような香りがぁ・・・。

言い換えれば雑巾の様な・・・。

とにかく「クセが堪らん!」と言う曲者には、ドンピシャなビールではないだろうか。

ん~ん、リミッターがパンパンになってきたので、表現が少しおかしくなってきたがぁ。

まぁ~、そんな独特な香りを併せ持った厳粛なビールだという事だろう。

しかし、この何とも言えないクセが漂うトラピスト。
あまりのフレーバー攻撃に、肝心の味の感想が疎かになってしまった。

ただ、個人的には好きなタイプだぁ!

そして、アルコール度数は6.2%。
喉越しにガツンとくるコク(ボディ)は、この辺りから造り出されているのだろう。

しかし、後味まで複雑怪奇なフレーバーを感じさせ、最後まで楽しませてくれるベルギービールであった。

まさに、真正トラピスト!

まとめ

確かに、最後まで「?」な地ビールと言った感想が正直なところである。「不思議な地ビール」とでも表現した方が良いのだろうか。ドイツビールのデュンケルは過去には幾つか飲んできたが、こんなデュンケルは初めてだぁ。何か貴重な体験をしたかのように思わせる地ビールでもある。

Orval/オルヴァルの評価項目

*管理人による素人臭く勝手極まりない5段階評価

・香り:ビール評価:5
・泡立ち:ビール評価:5
・苦み:ビール評価:5
・喉越し:ビール評価:5
・後味:ビール評価:5

Orval/オルヴァル 詳細

ビール名 Orval/オルヴァル
醸造所 オルヴァル修道院
公式サイト http://www.orval.be/
生産地 ベルギー / リュクサンブール州
タイプ トラピストビール
原材料 麦芽・ホップ・酵母
容量 330ml
アルコール度数 約6.2%
SRM/ECB(ビール色) SRM/ECB(ビール色)
Orval/オルヴァル

ベルギー オルヴァル 330ml×6本

世界中で7箇所の修道院でしか醸造が許されていないトラピストビールの一つ。
厳しい戒律によって受け継がれた秘伝の味は、トラピストの最高峰とも言わています!

新品価格
¥3,888から
(2018/12/28 11:14時点)



黒ビール.com

-ベルギービール
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ベルギービール:ウエストマール ダブル

ウエストマール ダブル(ベルギー ビール)の評価・レビュー

ベルギーのビール・ウエストマール ダブル:素人によるビール評価・口コミ ・コレって修道院ビール?って事は、トラピスト?アヴィビールじゃないの? ・ベルギービールって複雑な味って聞いたけど、このビールも …

スターケンズ・セントポール・スペシャル 口コミ・レビュー

スターケンズ・セントポール・スペシャル/Sterkens St Paul Specialの評価・レビュー

アヴィビール?ベルギーのビールには修道院ビールってのもあったけど、どう違うの?「スペシャル」って何がスペシャルなの? 密かなビール大国『ベルギー』。 複雑怪奇なビールが多いこの国で、代表的なスタイルと …

サタン・レッド/Satan Redの感想・評価

サタン・レッド(ベルギービール)の評価・レビュー

サタンっておどろおどろしいネーミングだけど、味の方も強烈なの?日本のビールの様にグビグビ飲めるタイプとはやっぱり違う? この名前の由来。 実は、「高アルコール度数だけど飲み易いから、ついつい飲み過ぎて …

セント・ベルナルデュス・アブト12 感想・評価・レビュー

セント・ベルナルデュス・アブト12(ベルギー ビール)の評価・レビュー

アヴィビール?修道院ビールの「モドキ」でしょう?美味しいの?なんか普段飲んでいるビールとは別物って感じだけど。ん!?マッタリと味わうビール?何それ? 確かにベルギービールは、我々日本人には馴染みの薄い …