ベルギービール

セント・ベルナルデュス・アブト12(ベルギー ビール)の評価・レビュー

投稿日:2010-01-13 更新日:

セント・ベルナルデュス・アブト12 感想・評価・レビュー
アヴィビール?修道院ビールの「モドキ」でしょう?美味しいの?なんか普段飲んでいるビールとは別物って感じだけど。ん!?マッタリと味わうビール?何それ?

確かにベルギービールは、我々日本人には馴染みの薄いビールと言えます。
また、その殆どが副原料を最大限に生かした複雑で不思議な味わいが特徴です。

そして、その最たるベルギービールが、このアヴィビール!

さて、こちらでは下記ポイントを踏まえて、実際に『セント・ベルナルディスアプト12』を飲んでみた評価・レビューをお届けしたいと思います。

チェックポイント・ひと月に一度の墓褒美!いつものリカーショップで物色中に出会ったセント・ベルナルディスアプト12!
・【独断と偏見レビュー】アヴィビールだけどスゴイ!許容範囲を超えた複雑さ!!

スポンサードサーチ

セント・ベルナルデュス・アブト12との出会。辛坊堪らずいつものリカーショップで

ビールのレビュー・評価をご紹介

普段行くリカーショップ。
プライベートブランドの安い第3のビールがあり、もっぱらそちらの方ばかり購入。

普段飲みにはコレで十分。
コストパフォーマンスに優れたビールもどき!普段はコレで良いのだぁ。

しかも、店の入り口前に山済みされているので、そのまま1箱カートに乗せて直ぐにレジへ直行!

要するに、目移りすることなく購入してさっさと帰る訳である。

しかし、1ヶ月ぐらいすると頭の中でゴングが鳴り響く!
まさに、ムズムズ病が目を覚まし、店の中を物色したくなる衝動に駆られるのである。

そして、今回堪らず手にしたのが、このベルギービール!

世界一!とも謳われたベルギービール

ウェストフレテレン・アブト
幻の修道院ビールと言われているビール。

なぜ、幻なのか・・・。
それは、醸造所でもある『ウェストフレテレン・トラピスト修道院』の販売所でのみ購入が可能だから!

そう、世界はおろかベルギー国内でも流通していない修道院ビールが、このウェストフレテレン・アブト!

その中でも、世界一!と言われているのが、『アブト12』。
そして、そのレシピを基に醸造する事が許されたのが、「セント・ベルナルデュス醸造所」。

ここで造られた『セント・ベルナルディスアプト12』が、ウェストフレテレン・アブトに一番近い!と言われているようだが・・・。

スポンサードサーチ

セント・ベルナルデュス・アブト12:独断と偏見によるレビュー

アルコール度数10%!
うぅぅ~、これはもはやビールの度数とは言えない領域だぁ。

エールビールではあるのだが、ここまでくると我々日本人が親しんだビールとは一線を慨す筈である。

セント・ベルナルディスアプト12:評価・感想・レビュー

さて、早速場違いなグラスに注いてみる事に。

おぉぉ!濃色系かぁ~。画像では真っ黒に見えるだろうが、濃いブラウン系だぁ。
そそられる色合いである。

セント・ベルナルディスアプト12 口コミ

ほぉ~、泡立ちもなかなか!
キメは細かいがモクモク系の泡立ち。粘りもある!

しかし、栓を抜いた瞬間香るこの独特な薫り。
ん~ん、まさに「麦芽の香ばしさを凌駕する」とは、この事だぁ!

香辛料的なスパイシーさが麦芽の香りと混ざり合い、飲み手に襲ってくると言った感じだぁ!

さて、では早速ファーストコンタクトを。

うぉぉぉ!口に含んだ瞬間からこれかぁ!?
アルコール度数の高さだから成せる業!独特な味わいが一気に広がり、口の中はまさにパラダイス!

これは危険だぁ!
普段飲んでいるビールの様に一気に口の中に含んだら、どエライ事になってしまうぞぉ。

いわゆる泡の出るワインとでも言おうか、何とも許容範囲を超えたビールには間違いない!

ん~ん、やはり一般受けは難しいだろう。
それ程難解なビールと言える。

しかし、冬下がりのマッタリとした時間を過ごすなら、これ位複雑怪奇な味わいの方が楽しめるかもしれん!

世界一のモドキとは言え、やはり恐るべし『セント・ベルナルディスアプト12』。

まとめ

フルボディでスパイシー!更に、甘さと苦さと果実の様な酸味が加わった複雑な芳香。まさにベルギーの「アヴィビール」の神髄を覗き見出来るビールです!

セント・ベルナルデュス・アブト12の評価項目

*管理人による素人臭く勝手極まりない5段階評価

・香り:ビール評価:5
・泡立ち:ビール評価:5
・苦み:ビール評価:4
・喉越し:ビール評価:5
・後味:ビール評価:5

セント・ベルナルデュス・アブト12 詳細

ビール名 セント・ベルナルデュス・アブト12 / St.Bernardus abt 12
醸造所 セント・ベルナルデュス醸造所
公式サイト http://www.sintbernardus.be/
生産地 ベルギー / 西フランデレン州
タイプ アビィ・ビール
原材料 大麦モルト・ホップ・糖類・酵母
容量 330ml
アルコール度数 約10.0%
SRM/ECB(ビール色) SRM/ECB(ビール色)

参照:SRM/ECBについて・ビールの色を決めるモルト(外部リンク/黒ビール.com)

セント・ベルナルデュス・アブト12

セント・ベルナルデュス・アブト12
余韻まで楽しめる飲み応え十分なアヴィビール!
評論家が世界一と評した味わいを完コピ!その味わいが日本でも堪能出来ます。

新品価格
¥658から
(2018/10/04 10:30時点)

セント・ベルナルデュス・アブト12【amazon.co.jp】»


黒ビール.com

スポンサードサーチ

-ベルギービール
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

スターケンズ・セントポール・スペシャル 口コミ・レビュー

スターケンズ・セントポール・スペシャル/Sterkens St Paul Specialの評価・レビュー

アヴィビール?ベルギーのビールには修道院ビールってのもあったけど、どう違うの?「スペシャル」って何がスペシャルなの? 密かなビール大国『ベルギー』。 複雑怪奇なビールが多いこの国で、代表的なスタイルと …

ベルギービール:ウエストマール ダブル

ウエストマール ダブル(ベルギー ビール)の評価・レビュー

スポンサードサーチ ベルギーのビール・ウエストマール ダブル:素人によるビール評価・口コミ ・コレって修道院ビール?って事は、トラピスト?アヴィビールじゃないの? ・ベルギービールって複雑な味って聞い …

禁煙情報サイト:Tobacco Road