ドイツビール

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン(ドイツビール)の評価・レビュー

投稿日:2006-01-06 更新日:

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン レビュー
ラオホって、聞き慣れないけどどういう意味?燻製?ビールを燻製?どういう意味?どんな味がするの?想像が付かない!

ビール大国ドイツ!
我々日本人には、馴染みの無いビールも数多く存在します。

その一つが『ラオホビール』。そう、燻製ビールです。
しかもこのビール。大麦ではなく小麦(ヴァイツェン)が主原料で使われています。

ホント、どんな味が堪能出来るのか!?・・・謎めいています。

さて、こちらでは下記ポイントを踏まえて、実際に『シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン』を飲んでみた評価・レビューをお届けしたいと思います。

チェックポイント・ずっと気になっていたビールをネットで発見!
・【独断と偏見レビュー】とにかく凄い!芳ばしい香りと柑橘系の甘さ!

- スポンサードサーチ -

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェンとの出会。ネットで発見!

ビールのレビュー・評価をご紹介

実は、以前から気になっていたビール。
もちろん、マニアック過ぎて店頭ではお目に掛かれない存在。

何故知ったかと言うと、管理人が運営しているサイト(黒ビール.com)を立ち上げる際、色んなビール関連の書物を物色していて偶然知ったビールであった。

黒や濃色系のビールをこよなく愛する私としては、「麦芽を燻製にする!」という発想が非常に興味をそそられた訳だぁ。

そんな折、アマゾンで偶然見つけたので躊躇なく購入!
発見した時は、思わず「おぉぉー!」と口から洩れた程だぁ。

いやぁ~、こんな簡単にご対面出来るとは。

ラオホビール(燻製ビール)の発祥の地

1678年に創業したヘッラー醸造所(ヘラー醸造所)。
ドイツはバイエルン州のバンベルグという街で、この醸造所はラオホビール(燻製ビール)を造り続けている。

そもそも、何故この地がラオホビールとして有名になったのか。

その理由は、バンベルグには良質なブナの木が樹生しているから。
このブナの木を燻す事によって、薫り高い麦芽を作り出す事が出来るようだ。

- スポンサードサーチ -

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン:独断と偏見によるレビュー

正月に相応しいビール。
そうなれば、断然コレである!

シュレンケルラ・ラオホビア・ヴァイツェン

正月用にと去年から冷蔵庫で待機していた、勝負ビール。
いよいよ封印を解く時が来たぁ!

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン 飲んで見た感想

おぉぉぉ!
ドイツの有名な燻製ビール。噂では聞いていたが、これ程までに香りがあるとは・・・。

グラスから立ち込めるこの香り。行き成りの先制攻撃である!

焙燥された麦芽とはやはりどこか違うなぁ。
香ばしさの中に少し感じられるぞぉ。

何とも言えない木の焦げた様な香り。
ん~ん、まさに滲み出て来ると言った感じだ。

そしてこの色!
ヴァイツェン(小麦ビール)の様だが、微塵も感じられん!
ダークビールに近い黒さだぁ。

ん!?確かにヴァイツェンの面影もあるかぁ。
濁りの様な不透明感は、まさしく小麦ビールの特徴!

出だしから良い感じだぁ♪

うぅぅ、しかしこの泡。
撃沈だぁ。完璧に冷やし過ぎではないかぁ。

去年から冷蔵で待機していたせいだろうが・・・、失敗だぁ。

さて、気を取り直してファーストコンタクトを!

ほぉ~、予想通りとは言え、やはりこの燻製麦芽の香りはスゴイ!
しかも、その香りにミックスされたように、柑橘系の甘さと酸味が追い打ちをかけて来る。

更に喉越し!
丁度良い塩梅のアルコール度数が、何とも言えないボディ感を味わせてくれる。

この手応えのある喉越し感には、食道も「大いに満足!」と訴えかけてくるようだぁ。

ただ、後味は意外とスッキリタイプ。
想像していたものとはチョッと違うが、この控えめなフィニッシュが、また次の一口を大いに誘ってくる感じだぁ。

何はともあれ、個人的にはパーフェクトなビールである。
そうなると、あの泡立ちは非常に悔やまれる。
詰めが甘い!

まとめ

普段の飲み慣れたビールからすると異次元の様な味わいだが、非常に『楽しいビール』だと言える。不思議な香り。不思議な色合い。不思議な甘さ。そして、不思議なコク(ボディ)。初めて飲む者からすると、まさに不思議で魅力的な燻製ビールといえるのではないだろうか・・・。とにかく旨い!

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェンの評価項目

*管理人による素人臭く勝手極まりない5段階評価

・香り:ビール評価:5
・泡立ち:ビール評価:3
・苦み:ビール評価:4
・喉越し:ビール評価:5
・後味:ビール評価:5

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン 詳細

ビール名 シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン/Schlenkerla Rauchbier
醸造所 ブラウエライ・ヘッラー・トゥルム醸造所
公式サイト https://www.schlenkerla.de/
生産地 ドイツ / バイエルン州
タイプ 燻製ヴァイツェン
原材料 麦芽・小麦・ホップ・酵母
容量 500ml
アルコール度数 約5.2%
SRM/ECB(ビール色) SRM/ECB(ビール色)

 

シュレンケルラ ラオホビア ヴァイツェン【amazon.co.jp】

古代ローマ時代から受け継がれている燻製ビール。そんな歴史を凝縮した味わいは、初めて飲む者を不思議な世界へと導いてくれます。経験した事のない麦芽の香りと、柑橘系の仄かな甘さを是非体感してみて下さい。



黒ビール.com

- スポンサードサーチ -

-ドイツビール
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

シュパーテン・オプティメーターの感想・評価・口コミ

シュパーテン・オプティメーター(ドイツビール)の評価・レビュー

シュパーテンってあのドイツのビール祭りに出される公式ブルワリーってホント?ダブルボックってどんなビール?濃くてキツイ味わい? あのビール祭り【オクトーバーフェスト】の公式ブルワリーの一つ。ミュンヘンを …

シュナイダー・ヴァイセ 評価・口コミ

シュナイダー・ヴァイセ(ドイツビール)の評価・レビュー

小麦のビール?普通のビールとは違うの?白ビールとも言う?どんな味がするのだろうか・・・。なかなか想像出来ない! ドイツの小麦ビール(ウィートビール)と言えば、このシュナイダーと言われるほど! ドイツ語 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road