日本の地ビール

小樽ビール デュンケル【北海道の地ビール】の評価・レビュー

投稿日:2008-07-10 更新日:

小樽ビール【デュンケル】の口コミ・評価・感想
北海道の地ビールは沢山あるが、この小樽ビールはどんな特徴があるのだろうか。デュンケルってドイツのダークビールでしょう?やっぱり芳ばしい香りがするのだろうか?感想を知りたい!

小樽の町にある地ビールと聞いて、想像だけで「旨い!」と思ってしまうのは、私だけだろうか。

さて、実際はどんな地ビールなのか。
飲む前から楽しみである・・・。

こちらでは下記ポイントを踏まえて、実際に『小樽ビール デュンケル』を飲んでみた評価・レビューをお届けしたいと思います。

チェックポイント・小樽ビールとの出会いは、突然の来訪だったぁ!
・【独断と偏見レビュー】こだわりの有機栽培された原料で造られたビールの味とは?

- スポンサードサーチ -

小樽ビール デュンケルとの出会。北海道から突然送られてきた地ビール

ビールのレビュー・評価をご紹介

「ちょっとそこまでぇ~!」なんて気軽に行けないのが北海道。

しかし、あの北国には多くのブルワリーが存在する。

ラーメン激戦区ではないが、まさに地ビールの激戦区と言っても過言ではないだろう。

しかし、如何せん遠い!
ガソリンの高騰で航空運賃も跳ね上がり、益々遠い存在に・・・。

そんな事を知ってか知らずか、北海道から津軽海峡を渡り、こんなビールが舞い降りてきたぁ!

それが『小樽ビール』。
知人が旅行先から送ってくれた土産だが、同封の手紙には 「期待するなぁ!」 の謎めいた一言がぁ・・・。

「期待するなぁ?」
何ともネガティブなセリフではないか。

貰ってそうそう、楽しみをそぎ落とすようなこの文句。

まぁ~いい。どうせタダなのだぁ。有難く 飲んでやろう!・・・。

しかし、実際飲んでみると合点がいったぁ!
「あぁ~ぁ。なるほど。こう言う事かぁ・・・ 。」

小樽ビール プチ情報

1995年。小樽市街のレンガ倉庫「小樽倉庫No1」で創業した地ビール会社。

醸造責任者であるヨハネス・ブラウンの家に200年以上前から伝わる醸造レシピと、ドイツの純粋令に基づいて作られる「本物」のビールは、原材料の麦芽やホップを本場ドイツの数種類のブランドから厳選し、自家製酵母と小樽の軟水と合わさる事により造り出されています。

小樽ビールで醸造されているビールは3種類。
デュンケルとピルスナー、そしてヴァイツェンです。

その他地ビール会社では珍しい、ノンアルコールビールを2種類醸造しています。

- スポンサードサーチ -

小樽ビール デュンケル:独断と偏見によるレビュー

人それぞれ、味覚の違いもあれば好みの違いもある。
地ビールとて合う合わないがあるだろう。

送り主の意味深な言葉はさて置き、一切の先入観を捨て払いこの地ビールに挑んでみたいと思う!

小樽ビール【デュンケル】を実際に飲んでみた感想とは

 

小樽ビール【デュンケル】を飲んでみた感想

先ずは見た目。
ほぉ~、なかなか良い塩梅の色をしているではなかぁ。

本場ドイツの製法で醸造されているようだが、琥珀に近い濃い色と言ったところかぁ。

ん!?ラベルには「ドンケル」と記載されているが、たぶん「デュンケル」だろ・・・。
まぁ~、どっちでも良い。

 

おぉぉー、泡も良い感じ!
と思ったが、多少高めからグラスに注いでやらないと泡立ちがしっかりしないといった状態。

また、直ぐに泡が消失してしまう・・・。

では、香りは?
ん~ん、深みがありなかなか良い感じだではないかぁ。香ばしい麦芽の香りは担保されているぞぉ。

さて、では早速ファーストコンタクトを!
ほぉー、最初の口当たりでデュンケルらしさを主張してきたかぁ。

独特な香ばしさは、喉に押し込む楽しみを更に盛り上げてくれる!

やはり、実際に自分で飲んでみなくては解らんものだぁ。
評価は人それぞれ・・・。

ん!?なぁ、何だこの感覚はぁ!

何か嫌な感んじがするぞぉ。
や、薬品???

ビールの味の中に見知らぬ迷い人がぁ!
何故この様な味が「こんにちわ」と出て来たのであろうか・・・。

漢方でも入っているのか?
しかし、原料には有機麦芽・有機ホップとしか記載されていない。当たり前だが、薬品の類は一切含まれていない。

否!逆に相当のこだわりを持って新鮮な原材料を使っているようにも伺える。

こちらの表現がチョッとオカシイのかぁ?
それとも、このクセみたいなモノがこのビールの特徴なのだろうか。

何とも表現し難い味である。

後味は意外とアッサリとした感じではある。
しかし、個人的にはもうチョッとパンチが欲しいと言ったところではあるが。

しかし、そんな事はどうでもいい!。
何故、この味なのか。そして、これが正解なのか・・・。

まとめ

確かに、最後まで「?」な地ビールと言った感想が正直なところである。「不思議な地ビール」とでも表現した方が良いのだろうか。ドイツビールのデュンケルは過去には幾つか飲んできたが、こんなデュンケルは初めてだぁ。何か貴重な体験をしたかのように思わせる地ビールでもある。

小樽ビール デュンケルの評価項目

*管理人による素人臭く勝手極まりない5段階評価

・香り:ビール評価:5
・泡立ち:ビール評価:4
・苦み:ビール評価:4
・喉越し:ビール評価:4
・後味:ビール評価:3

小樽ビール デュンケル 詳細

ビール名 小樽ビール デュンケル
醸造所 株式会社アレフ 小樽ビール銭函醸造所
公式サイト https://otarubeer.com/jp/
生産地 北海道 小樽市
タイプ デュンケル
原材料 有機麦芽・有機ホップ
容量 330ml
アルコール度数 約5.2%
SRM/ECB(ビール色) SRM/ECB(ビール色)

小樽ビール ドンケル 10本(330ml×10)

ドイツの伝統的な醸造方法『ダブルデコクション』 によって醸造された拘りの小樽ビール!
カラメル麦芽のフレーバーが効いたビタミン・ミネラルが豊富に含まれた地ビールです。

新品価格
¥4,298から
(2018/12/6 10:08時点)



黒ビール.com

- スポンサードサーチ -

-日本の地ビール
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

スワンレイクビール ポーター

スワンレイクビール ポーターの評価・レビュー

・ポーターでは有名な地ビールだって聞いたけど、なんで? ・スワンレイクはいっぱい賞を受賞してるってホント?このポーターもそうなの? ・ポーターってどんなビール?スタウトや黒ビールとどう違うの? 英国と …

おたるワイナリービール ヴァイツェン:評価・レビュー・口コミ

おたるワイナリービール ヴァイツェン【北海道の地ビール】の評価・レビュー

北海道ワイン株式会社?ワインの会社が地ビールを?しかもヴァイツェン(小麦ビール)を!?一体どんな味がするのだろうか・・・。 北海道ワインとしては、老舗で有名なようだが、地ビールとは。 何か片手間でやっ …

六甲ビール 【六甲ポーター】を飲んでみた感想

六甲ビール 六甲ポーター【兵庫県の地ビール】の評価・レビュー

神戸の地ビール「六甲ビール」が手掛けるポーターって、いったいどんな味わいなの?独特の苦みや香りは感じられる?ポーターの特徴でもある色合いはどう? 六甲の銘水で造られる六甲ビール。 まさに、管理人の地元 …

山口地ビール スタウト

山口地ビール スタウトの評価・レビュー

– スポンサードサーチ – 山口地ビール スタウト:素人によるビール評価・口コミ ・このスタウト。モンドセレクションを2年連続で受賞したんでしょう?そんなにスゴイの? ・スタウトってチョッと苦手。でも …

禁煙情報サイト:Tobacco Road