お祝いのマナー

時候の挨拶 一覧【結婚式のスピーチなどに役立つあいさつ】

投稿日:

時候の挨拶とは
今度、仕事関係でスピーチを行う事になりました。色々決まった形があるようですが、季節に合わせた挨拶があるって聞きました。教えて下さい。

代表的なのは、結婚式のスピーチ。
大人のマナーとして、知っておかなくてはならない「スピーチの形」というものがあり、ビジネスシーンでもよく使われる言葉に、『時候の挨拶』というものがあります。

こちらでは、そんな季節に応じた挨拶の決まり。「時候の挨拶」に関して、ご紹介していきたいと思います。

チェックポイント・時候の挨拶一覧。季節に合わせた挨拶の形と、季節を問わない挨拶の形。

- スポンサードサーチ -

時候の挨拶 スピーチやお礼状、案内状などに使える前文

時候の挨拶:スピーチの前文

社会に出て、知っておかなくてはならないと気付くのが、「挨拶文」の形です。

ビジネスやお祝いのシーンはもちろん、季節の節目に出す挨拶状やお礼状。
様々なシーンで用いる事となる訳ですが、特に知っておくべきなのが、季節ごとに決められた挨拶の言葉。

そう、『時候の挨拶』です。

主に、前文(書き出し)で用いられますが、皆さんご存知でしょうか?

時候の挨拶とは

季節の挨拶文:時候の挨拶

そもそも、この「時候の挨拶」とは何なのでしょうか?

挨拶文などでよく見られる「拝啓」。
これは『頭語』と呼ばれるものですが、その後に続けて記載されるのが「時候の挨拶」です。

これは、日本独特の季節を表す『書信の習慣』で、季節感だけでなく、その中に含まれる「心情」も表現しています。

また、時候の挨拶は相手を気遣う『安否の挨拶』と組み合わせて用いるのが一般的です

【例文】
時候の挨拶+安否の挨拶(「ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」)
例)菊香の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます・・・。

時候の挨拶 一覧【季節に合わせた挨拶の言葉】

前文で書かれる代表的な時候の挨拶を、月ごとにもとめて記載しています。

下記に記載しているように、月(季節)によって様々な時候の言葉がありますが、招待状や挨拶状、手紙などの「書き出し」は以下の通りになります。

【注意】
時候の挨拶において、「新春」や「初夏」など漢字2文字の場合には、「の候」「の折」「のみぎり」のいずれかを付け足して一つの言葉とします。

1月(睦月-むつき)

新春/初春/厳寒/酷寒/厳冬/酷寒
・一面の銀世界
・寒中見舞い申し上げます
・雪に暮れ雪に明け
・火の辺離れがたきこの頃
・火のそばがなつかしく
・本年は格別のお寒さにて
・寒さ厳しいきょうこのごろですが
・松の内も過ぎ、寒気ことのほか厳しく感じられますが

2月(如月-きさらぎ)

解氷/立春/春寒/余寒/向春/晩冬/残寒/余寒/上春/節分/立春/余寒/寒明け
・きびしき折柄
・晩冬のみぎり春の訪れが待ちどおしいこのごろですが
・立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いておりますが

3月(弥生-やよい)

浅暖/春分/弥生/早春/孟春/初春/春暖/浅春/春雪/麗日/彼岸
・日ごとに春めいてまいりましたが
・木々の芽もふくらみ始め
・春分を過ぎ、桜の開花が待たれる頃となりましたが

4月(卯月-うづき)

陽春/春暖/晩春/桜花/仲春
・春眠暁を覚えぬ今日この頃
・春眠暁を覚えずとか申しますが
・すっきり春めいてまいりましたが
・春風が心地よい季節となりましたが
・春光うららかな季節となりました
・春の便りが聞かれるこのごろ

5月(皐月-さつき)

若葉/青葉/新緑/薫風/惜春/晩春/暮春/惜春/老春/軽暑
・青葉若葉のさわやかな季節となりました
・新緑の美しい季節と
・五月晴れの空に
・新緑が映える好季となり

6月(水無月-みなづき)

初夏/梅雨/入梅/向暑/薄暑/初夏/孟夏/小夏/立夏
・若鮎のおどる季節が到来しました
・雨後の緑が目に鮮やかな季節
・庭のあじさいが雨にぬれて
・木々の緑も一段と深みを増し

7月(文月-ふづき)

盛夏/炎暑/猛暑/盛暑/酷暑/盛夏/真夏/酷暑/炎暑/大暑
・暑中お見舞い申し上げます
・いよいよ本格的な夏の訪れです
・梅雨も明け夏空がまぶしいこの頃ですが
・海へ山へと心おどるころとなりました
・暑さいよいよ厳しき折

8月(葉月-はづき)

残暑/季夏/晩夏/早涼/立秋/残暑/秋暑/季夏/立秋
・暑さもようやく峠を越したようですが
・日中の暑さは耐えがたいほどですが
・残暑お見舞い申し上げます
・立秋とは名ばかりの暑い毎日

9月(長月-ながつき)

初秋/清涼/新秋/秋涼/仲秋/初秋/孟秋/新秋/早秋/新涼
・天高く馬肥ゆるの候
・夏も去りさわやかな
・初秋の季節がやってまいりました
・暑さ寒さも彼岸までとか申しますが
・味覚の秋を迎えましたが

10月(神無月-かんなづき)

菊香/涼寒/秋晴/秋冷/清秋/錦秋/秋雨/初霜/紅葉
・実りの秋
・小春日和
・行楽の節
・稲も豊かにみのり
・裏山の樹々も色づいています
・秋もしだいに深まってまいりました
・冷気日増しに加わり
・各地から紅葉の便りが届くこのごろ

11月(霜月-しもつき)

向寒/晩秋/深秋/立冬/霜寒/暮秋/晩秋/季秋/初雪
・めっきり日も短くなり
・紅葉の美しい季節となりました
・肌寒い日が続きますが
・寒さが身にしむこのごろ
・霜枯れの季節/冬の足音が聞こえるころ

12月(師走-しわす)

師走/仲冬/寒冷/初冬/孟冬/立冬/初霜/厳冬
・年の瀬もいよいよ押し詰まってまいりました
・早いものでもう年の暮れとなりましたが
・年の瀬も迫り
・年末ご多忙の折
・歳末ご多忙の折
・あわただしい年の瀬を迎えて

時候の挨拶 一覧【季節を問わない挨拶の言葉】

季節を問わず年中使える時候の挨拶があります。
それが『時下(じか)』です。

意味としては、「目下(もっか)」と同じ言葉で「現在」、「この頃」、「只今」という意味合いとなります。

「時下」は、時候の挨拶を省いた形で使われるので、必ず頭語の後に続いて用いられます

また、「ますます」という言葉とセットで使われる事も覚えておいて下さい。

因みに、「ますます」とは相手の安否を気遣う言葉となります。

「拝啓(頭語)、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」
まとめ

上記で記載した例は、一般的に用いられている、言わば「定形文」のようなものです。ビジネスシーンでは、特に形式ばった挨拶文に成りがちなので、ご自身の言葉(気持ち)と上記の言葉を組み合わせて使ってみると、先方の印象も変わってくるのではないでしょうか。

『時候の挨拶 一覧【結婚式のスピーチなどに役立つあいさつ】』は以上となります。

- スポンサードサーチ -

-お祝いのマナー
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ポチ袋とは?書き方は?

ポチ袋とは?ポチ袋の書き方は?お金の入れ方は?

ポチ袋ってなに?どんな時に使うの?ポチ袋の書き方ってどうすれば良いの? 確かに。ポチ袋って名前は聞くけどそもそも何なのでしょう? また、どんなお祝いで使われるのかイマイチ解っていないのも、このポチ袋で …

七五三とは

七五三とは?いつやるの?何歳?七五三の素朴な疑問

七五三っていつお参りをすれば良いのだろうか。男の子と女の子では違うらしいけど、何歳で行えば良いの?そもそも七五三ってになに?教えて下さい。 暑い季節が過ぎ、秋の声が聞こえてくる頃になると、神社の周りで …

結婚式(披露宴)乾杯のマナー【ワイングラス・シャンパングラス】

結婚式(披露宴)乾杯のマナー【ワイングラス・シャンパングラス】

乾杯でグラスをお互いに鳴らすのって、実はマナー違反だと聞いたのですがホントですか?教えて下さい。 実は、そのようなのです。 私自身は、チョッとお高いフレンチレストランで知る事となったのですが、それまで …

祝儀袋 短冊 書き方

祝儀袋 短冊の書き方・名前は?連名の場合は?

祝儀袋の短冊って書き方が決まっているのだろうか?名前を書くの?連名の場合はどう書けば良いの?そもそも短冊はのりで貼り付けるの? 祝儀袋のデザインは、年々凝ったスタイルとなってきており、特に水引に関して …

祝儀袋 中袋 入れ方 お金の向き

祝儀袋 中袋(封筒)お金の包み方

・祝儀袋に中袋って向きが決まっているの? ・中袋を祝儀袋に入れる時の向きは? ・祝儀袋の中袋を入れる時、水引は取り外すの? 何気なくお金を中袋に入れて、何も考えずに祝儀袋に中袋を入れる・・・。 「ん! …

たばこの値段推移一覧
たばこの値段推移一覧:セブンスターなど各銘柄の値段推移【価格改定版】
祝儀袋の中袋 書き方
祝儀袋の中袋 書き方。金額は?連盟の場合は?
七五三 お祝い 表書きの書き方・金額相場
七五三 お祝い 表書きの書き方・金額相場
祝儀袋 代筆
祝儀袋の代筆サービスはどこで?百貨店は?ネットは無料?
香典の包み方・お金の向き
不祝儀袋(香典袋) お金(お札)の包み方・向き
ポチ袋とは?書き方は?
ポチ袋とは?ポチ袋の書き方は?お金の入れ方は?
香典の中袋 入れ方は?書き方は?向きは?
香典の中袋の書き方は?
犬 しこり
犬の首にシコリの様なモノ。その正体は?