タバコ関連ニュース

三次喫煙のリスクには信ぴょう性がない?

投稿日:

三次喫煙は「ニセ科学」だぁ!と言うお話・・・。

「ハイハイしているような赤ちゃんが床やカーペットを舐めて、何らかのたばこ成分を口から取り込んでしまう可能性はあるかもしれません。しかし、一度付着した煙がどんな状況でまた飛散し、どういった成分がどのくらい出てくるのかは、よく分かっていません。

ガジェット通信より

当運営サイトでも「三次喫煙:健康リスク」と題して、その危険性について記載しておりまが、確かに断言出来る段階ではないようです。

喫煙者の「鬼の首を取ってやろう!」的な発想で、こういった危険性を創り上げた節が無くもない・・・。

確かに、我々が吸い込んでいる空気中には、ダイオキシンや放射性物質など、多くの有害物質が無数に浮遊しておりますが、どれも健康被害を及ぼす程ではないレベル。

そう考えると、三次喫煙もそんなレベルのモノを取り上げて、誇張しただけの問題であるかも知れません。

しかし、やっぱり三次喫煙の痕跡は「見えるんです!臭うんです!」

そう!ヤニによる壁紙の変色。カーテンやクッションなどのファブリック素材から漂うニコチンの臭い。

どれも強烈なのです!

喫煙者の時には、まったく気にならなかった三次喫煙被害。
しかし、自分が居た空間の恐ろしさは、タバコを止めてから解ります。

これからも色んな「ナンクセ」が登場し、喫煙者の立場を更に追い詰めていく事でしょう・・・。

-タバコ関連ニュース
-, , ,

執筆者:

関連記事

報酬で禁煙成功率が上がる!?

最も効果的な禁煙方法とは? ペンシルベニア大学で薬学の准教授を務めるスコット・ハルパーン氏らは、禁煙治療には「金銭的な成功報酬」を与えるアプローチが最も有効であるということを研究で示しています &#8 …

次世代タバコが人気

喫煙者は肩身が狭い?次世代タバコの人気

次世代型の加熱式たばこが売り切れ続出!その理由は?・・・と言うお話 火を使わない次世代の「加熱型たばこ」が話題を集めています。最大手の日本たばこ産業(JT)が今年3月から発売した「Ploom TECH …

雲行きが変わって来た?受動喫煙防止法対策

屋内全面禁煙を目指すぞぉ! WHOから最低レベルと評された日本。 オリンピック開催も迫り、焦った日本政府は厚労省に政府案のたたき台を策定させましたが・・・。 思わぬ処から横槍がぁ! その名も『たばこ議 …

DNAに刻まれる喫煙歴

禁煙してから相当年月が経った・・・。でも、DNAには残っている。喫煙の痕跡がぁ・・・と言うお話。 米国立研究機関の科学者などからなる研究チームは23日までに、過去にたばこを吸っていた人の遺伝子には喫煙 …

禁煙成功者の我慢の仕方

禁煙成功者の我慢の仕方

タバコの禁断症状。成功者はどうやって乗り越えたのか・・・と言うお話。 禁煙成功者に禁煙中にたばこを吸いたくなるときを尋ねたところ、「食事の後で(朝)」(59.5%)、「ストレスを感じた時」(48.5% …