タバコ関連ニュース

喫煙者が減少。しかし、肺がんは減らない

投稿日:

- スポンサードサーチ -

喫煙者が減少しているにも関わらず、肺がん発症者の数が減らないという問題

「肺がんとたばこにそれほどの関係があるのか?」
今や有名になった麻生大臣の発言ですが、その根拠が上記の問題。

このニュースを見聞きした時、「おいおい、どうなってるんだぁ?意味ないじゃないかぁ!」

そんなツッコミをされた方も沢山いらっしゃった事でしょう。
特に、禁煙中の皆さんは・・・。

さて、この事実。実際はどうなのでしょう?
よく一方通行の情報を鵜呑みにすると、まったく違った事実に驚愕する事がありますが、まさに色んな面から事実確認をしなくておかなくてはならない事例です。

特に、禁煙者の方にとっては!

肺がんの発症は時間差で表れている

さて、違う角度からのご意見としましては、『タイムラグ』があると言う事だそうです。
タイムラグ?・・・。

1960年代の喫煙率は、男性で約80%、女性で約20%。そして現在は、男性で約30%、女性で約10%の減少だそうです。

特に、男性の減少率が凄まじい事になっておりますが、こんなにも減っているのに、どうして肺がんの死亡者数が増加しているのかぁ!

そのカラクリは、喫煙者が多かった60年代。その時代に20代だった方が今現在は65歳以上となり、そうなると年齢的にも疾患が発症しやすい年代となるので、必然と肺癌の患者も多くなるという事です。

タイムラグにして、約40年ほど。
そう!圧倒的に多かった60年代の喫煙者が、今現在肺がん死亡率を上げているという事になるのです。

言い換えれば、今がピークとも取れます。
なにせ、現在の現役の方の喫煙率が30%まで低下しているのですから、肺がん予備軍はそれだけ減少する事となります。
その成果が表れるのは、数十年先になるようですが・・・。

因みに、この考え方は疫学における「年齢調整死亡率」というものらしいのですが、実は20年前位から成果(肺癌率の低下)が表れているらしいのです。
* 年齢調整死亡率に関しては、詳細を割愛させて頂きます。

違った角度からの見識だと、確実に禁煙率と肺癌率はリンクしていると言う事だそうです。

さて、どうでしょう?肺がん率低下に貢献するためにも、禁煙はじめてみませんか?

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース
-, , , ,

執筆者:

関連記事

タバコでストレス解消。勘違い問題

– スポンサードサーチ – 喫煙によるストレス解消は錯覚・・・と言うお話。 結論から言えば、たばこにストレスを解消する効果はありません。たばこを吸ったあとに「ストレスが減った」と感じるのは、体内にニコ …

報酬で禁煙成功率が上がる!?

– スポンサードサーチ – 最も効果的な禁煙方法とは? ペンシルベニア大学で薬学の准教授を務めるスコット・ハルパーン氏らは、禁煙治療には「金銭的な成功報酬」を与えるアプローチが最も有効であるということ …

客寄せパンダの力!

– スポンサードサーチ – パンダの赤ちゃん公開で上野動物園が全面禁煙に! ジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の一般公開が来週から始まるのを前に、東京・上野動物園は12日から園内を全面禁煙に …

売り上げが下がると言い続けるたばこ議連

– スポンサードサーチ – 厚労省VS自民党たばこ議連 もう直ぐオリンピックも開催されると言うのに、まだ揉めています。 厚労省側は、例外として『広さが30平方メートル以下のバーやスナックのみ、喫煙を認 …

たばこの価格推移:タバコの値上げ

たばこの価格推移 たばこの価格が値上げ

2018年10月1日。いよいよ、たばこの値上げ第一段が開始されます。 それに伴い、価格据え置きで頑張って来た『ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT)』も、値上げ申請を行ったようです。 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road