タバコ関連ニュース

売り上げが下がると言い続けるたばこ議連

投稿日:

厚労省VS自民党たばこ議連

もう直ぐオリンピックも開催されると言うのに、まだ揉めています。
厚労省側は、例外として『広さが30平方メートル以下のバーやスナックのみ、喫煙を認める』という妥協案を出してきたにも関わらず、自民党側は頑として更なる緩和を求めています。

オリンピック開催地で、これ程タバコに寛容な都市(国)も珍しいようで・・・。
このご時世、屋内全面禁煙は当たり前のようですが。

更にややこしく成って来たのが、小池都知事の参戦。
都議選で受動喫煙対策法の条例化を公約に掲げるようで、選挙が終わるまでこの問題は尾を引きそうな様相となって参りました。

しかし、自民党。頑なですねぇ。
どういうバイアスが掛かってここまで意固地になっているのか解りませんが、「飲食店の売り上げが落ちる!」という、ある種強引な理由を盾に反発している状況。

逆に「屋内全面禁煙にすれば売り上げが上がる!」なんて意見も出てきておりますが・・・。

何れにせよ、早く決めてあげて欲しいものです。
際になって「対処しろ!」と言われて困るのは、当の飲食店側なのですから。

因みに、自民党側は何を主張しているのかをご紹介。
厚労省の言い分はコチラに記載しておりますので、もし良かったらご確認を。
» 屋内全面禁煙論争となった発端

あと、『バイアス』とは何かは、コチラでご紹介しております。
» 雲行きが変わって来た?受動喫煙防止法対策

自民党たばこ議連の言い分

一定の面積よりも小さい飲食店では、利用者が解り易いよう店頭に「禁煙」「喫煙」「分煙」かの表示を義務化し、厚労省が定める小規模店舗以外の飲食店でも、喫煙を可能にするという案です。
また、小中高学校や医療施設、大学や官公庁などの敷地内の禁煙施設設置の不可(全面禁煙)を、設置可能にするなどの緩和策を対案として提出しています。

そして、この根本にあるのが「売り上げを落とさない為!」だそうです・・・。

さて、禁煙中の皆さん。もしくわ禁煙に成功された皆さん。どう思われたでしょうか。

非喫煙者であっても、「厚労省の法案は余りにも理不尽だぁ!」と仰る方も意外と多いようです。
またその逆に、「タバコの煙がどうしても我慢ならん!屋内全面禁煙だぁ!」と徹底排除の考えをお持ちの方など、意見は様々なようですが。

私個人は、どちらかと言うと後者の方でしょうか。
このブログでも記載しておりますが、どうしてもタバコの臭い(煙)が生理的に受け付けられない身体になってしまったもので。

あれだけタバコ(1日2箱強)を吸っていたのに、今じゃこの有様。勝手だと言えばホント勝手な言い分なのですが。

 

 

-タバコ関連ニュース
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ニコチン置換療法で禁煙率が2倍に!?

我慢と根性で禁煙するよりも、ニコチン置換療法で禁煙すれば成功率がアップ!・・・というお話し ■意志だけの禁煙より2倍の成功率 実は、喫煙以外の方法でニコチンを摂取しながら、最終的には禁煙に導く治療法が …

禁煙成功は、断煙に限る!

禁煙の成功率に違い。減煙と断煙では、やっぱりスパッと!が良いみたい・・・と言うお話。 禁煙したいけどなかなか止められないタバコ。少しずつ本数を減らしていけば何とかなると考えている人が多いが、キッパリ一 …

タバコ休憩は不公平

タバコ休憩は不公平?

喫煙者だけに許されるタバコ休憩は、不公平・・・と言うお話。 職場で大半を占める非喫煙者は、休憩時間以外はデスクに張りついて仕事をしているのに、喫煙者たちは頻繁に喫煙所に行き、たばこを吸って休憩している …

屋内全面禁煙は、もはやスタンダード。しかし・・・

プロ野球のスタジアムが全面禁煙出来ない理由とは・・・と言うお話。 プロ野球の各球場も愛煙家の野球ファンに対して柔軟かつ寛大に対処してきた歴史がある。東京ドームでは客席やコンコースとも禁煙だが、一塁側と …

禁煙成功

どうやって禁煙に成功した?・・・は、やっぱり気になる

禁煙成功者の方法って、やっぱりシンプルな方法だった・・・。と言うお話。 最近は分煙・禁煙が当たり前になり、さらには4月から一部のタバコが値上げされた。喫煙する方の中には、いっそ禁煙しようと思っている人 …