タバコ関連ニュース

屋内原則禁煙はスタートが問題?

投稿日:

- スポンサードサーチ -

厚労省が推し進める屋内原則禁煙が頓挫する理由とは

自民党のたばこ議連の猛追により、厚労省が推し進めてきた「屋内原則禁煙」が、今国会ではお流れになりそうな状況です。

「政治家は国民よりも法人に目を向けている!」
なんて揶揄されそうな、代表的な事例になってきたのも事実。

やはり、政治家は『選挙』なのでしょう。
確かに、落ちれば「ただの人」になる訳ですから・・・。

さて、ではこの法案はそんな政治的力学だけでゴタゴタしているのでしょうか?

そこにはタバコは嗜好品であると共に、「依存」という問題が絡んでくるようです。

今までタバコを吸えていた場所が、突然禁煙エリアになってしまったぁ!
まさに喫煙者からすれば、青天の霹靂。軽いパニックモンです!!

では、タバコを止めれば済む話だぁ!
と言った、強引な意見を押し付けると、どうなるでしょう?

そう、単純です。反発するのです!

喫煙者はタバコを楽しむと同時に、依存者でもあるのです。
そう簡単に止められるものではありません。

しかし、一地位法自治体から始まった禁煙包囲網は、全国に広がりを見せ、路上での喫煙が禁止されるエリアが拡大してきました。

こうなると喫煙者は何処に逃げ込むか?
そう、屋内です。

屋外禁煙と屋内禁煙。どちらが先?

そして、今。国が本格的にかじ取りをして、その屋内をも全面禁煙へと導こうと動いているのが、今の現状です。

本来なら、こういった対策は『逆』で行うのがセオリーらしいのですが・・・。

ところが、日本では屋内よりも先に、屋外の規制の方が進んでしまった。歩きたばこの禁止や喫煙所の撤去はマナーの問題です。世界的にも段階的な対策が行われてきた経緯もあり、日本でも現在喫煙をしている方からいきなり喫煙の習慣を奪ったとして、いたずらに反発を招き、議論が進まないだけです。

日本医師会副会長・今村聡氏のインタビュー記事(BuzzFeeD NEWS)より

と言った、ご意見にもあるように、 日本では比較的受動喫煙になり難い野外から包囲網を強化したものだから、今になって『屋内原則禁煙』が異常なまでの拒絶反応に見舞われている訳です。

今村氏の話では、「非喫煙者の受動喫煙を防ぐ事」こそが重要であり、その為には、被害を被り易い屋内からタバコの規制を強化すべきであり、また分煙では受動喫煙を完全に防げない!とも述べています。

だから、「屋内ではダメ!だから外で吸ってください。」となる訳です。

しかし、日本では屋外から強化したものだから、喫煙者の捌け口が断たれる事になるのです。
そうなると、強い『拒絶反応』が起るのも無理はありません。

喫煙者に対して、ある程度のエスケープ(ある程度の喫煙場所の確保)は用意すべきなのかも知れません。

今村氏はこうも綴っています。

日本のたばこ規制に関する議論で、残念なところは、健康上の害とマナーの問題が混同されているところです。

日本らいしと言えば日本らしい考え方なのですが・・・。

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

禁煙店増加!喫煙者のマナーが原因?

– スポンサードサーチ – 喫煙者のマナーの悪さが、禁煙包囲網を更に拡大させている? 近年、喫煙可のお店はどんどん減っているらしい。嫌煙の風潮が影響しているようだが、もしかしたらそれは「自分さえよけれ …

次世代タバコが人気

喫煙者は肩身が狭い?次世代タバコの人気

– スポンサードサーチ – 次世代型の加熱式たばこが売り切れ続出!その理由は?・・・と言うお話 火を使わない次世代の「加熱型たばこ」が話題を集めています。最大手の日本たばこ産業(JT)が今年3月から発 …

たばこ 裁判

ついに出たぁ!スモハラ(スモークハラスメント)

– スポンサードサーチ – 「ハラスメント」に、新たにタバコ関連が追加されました!?・・・と言うお話。 神奈川・横浜市の自動車教習所の男性職員が、職場での受動喫煙によって心臓病を再発したなどとして、ス …

煙なしでもアウト?

– スポンサードサーチ – 路上禁止条例は、自治体によって対応がまちまち・・・と言うお話。 煙や灰が出ないことを売りにする新型たばこへの対応が分かれている。名古屋市や大阪市は「やけどのおそれがない」な …

喫煙後は迂回せよぉ!

– スポンサードサーチ – | 喫煙した後は、身体に着いたタバコの臭いを落としてから・・・と言うお話し たばこのにおい、持ち込みはご遠慮を――。厚生労働省は庁舎の屋外喫煙所の利用時間を制限したうえで、 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road