タバコ関連ニュース

屋内禁煙。飲食店より深刻な場所とは

投稿日:

- スポンサードサーチ -

受動喫煙被害を防ぐ健康増進法改正案が今国会で成立する見込み!

努力義務だった公共の場での禁煙。しかし、この法案により義務化(罰則付き)される事となり、いよいよ禁煙包囲網が最終局面へと進む事となります。

とは言え、資本金5000万円以下で店舗面積が100平方メートル以下の飲食店は、実質適応が除外されると言う事で、「まだまだ甘い!」なんて声も聞かれます。

しかしその反面、戦々恐々としているのがその他のサービス業。
そう!飲食業以外は原則適応されるからです

そして、タバコと切っても切れない関係にあるのが、『パチンコ店』や『雀荘』。
まさに、喫煙者のパラダイスとされた場所が今後窮地に立たされる事となります。

本当に客離れするのか?パチンコ店や雀荘は

何せ、パチンコ台に灰皿がセットされている程ですから、その場所からが灰皿が消え禁煙マークが店内に貼られまくられている光景を想像すると、パチンコ好きな喫煙者にしてみれば、脅威としか言いようがありません。

自然とパチンコ店から足が遠のくのは目に見えています。
しかし、逆を言えばパチンコ好きな非喫煙者にしてみれば、今まで鼻がもげそうな思いをしながら打っていたパチンコを、クリーンな空気の中で楽しむ事が出来るのです!

では、店側からすればどうなのでしょ?
聞くところによれば、客の約50%ほどが喫煙者であるという調査結果があるようで、そう考えるとなかなかの死活問題!

喫煙場所を設けるにしても、「いちいち台から離れてタバコを吸いに行く行為が面倒くさい!」と思っている喫煙者も多いでしょうし、一時的な客離れは致し方ないのかも知れません。

ただ、そこはやっぱりパチンコ好き!
何だかんだと言って仕方なく順応するでしょうし、タバコもなかなか止められませんが、パチンコや麻雀を断つのは更に難しいのではないでしょうか?

結論!
タバコを止める方が手っ取り早い。結局これからの時代、何処へ行っても禁煙!禁煙!禁煙のオンパレードなんですから・・・。

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース
-, , , ,

執筆者:

関連記事

喫煙者が減少。しかし、肺がんは減らない

– スポンサードサーチ – 喫煙者が減少しているにも関わらず、肺がん発症者の数が減らないという問題 「肺がんとたばこにそれほどの関係があるのか?」 今や有名になった麻生大臣の発言ですが、その根拠が上記 …

ニューヨーク市は更なる禁煙包囲網を強化

– スポンサードサーチ – 更に喫煙へのハードルを高くしたニューヨーク市・・・と言うお話し ニューヨークのブルームバーグ市長は19日、たばこ製品を購入できる最低年齢を18歳から21歳に引き上げる条例案 …

屋内原則禁煙はスタートが問題?

– スポンサードサーチ – 厚労省が推し進める屋内原則禁煙が頓挫する理由とは 自民党のたばこ議連の猛追により、厚労省が推し進めてきた「屋内原則禁煙」が、今国会ではお流れになりそうな状況です。 「政治家 …

煙なしでもアウト?

– スポンサードサーチ – 路上禁止条例は、自治体によって対応がまちまち・・・と言うお話。 煙や灰が出ないことを売りにする新型たばこへの対応が分かれている。名古屋市や大阪市は「やけどのおそれがない」な …

売り上げが下がると言い続けるたばこ議連

– スポンサードサーチ – 厚労省VS自民党たばこ議連 もう直ぐオリンピックも開催されると言うのに、まだ揉めています。 厚労省側は、例外として『広さが30平方メートル以下のバーやスナックのみ、喫煙を認 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road