タバコ関連ニュース

本気で禁煙したいのなら加熱式タバコよりコレ!

投稿日:

禁煙するならニコチンフリーの電子タバコ?

人気が過熱している加熱式タバコ。
受動喫煙防止法対策により副流煙の問題がクローズアップされ、肩身の狭い思いをしている喫煙者が急増!

そこに現れたのが、この救世主。

煙フリー!灰フリー!ヤニフリー!臭いフリー!

喫煙者であっても煩わしく思っていたこれらの問題を、一気に解決してくれる事もあり、需要が右肩上がりに!

しかし、私が運営しているブログやサイトは、『禁煙する人』を応援する為のコンテンツをご紹介しております。
この加熱式タバコは、あくまでも喫煙者の応援グッズです。

なにせ、『ニコチン』が思いっきり含有しているのですから、当たり前です。

では、そんな加熱式タバコを愛用している喫煙者の方で、「実は、禁煙グッズとして利用している。だって、タールフリーだから・・・」という方も居られるのではないでしょうか。

でも、シツコイようですが、加熱式タバコはニコチンありきです!
そこで、こんな記事を見つけました。

【初体験】リキッドタイプの電子たばこ『フレンバー』を使い始めてみた / ニコチンなしだけど「すさまじく煙を吸ってる感」はアリ

Rocket News 24より

レポートをされている「GO羽鳥」さんと言う方。結構なヘビースモーカーのようですが、この方も最終的には禁煙を目標に加熱式タバコを使い出されたようです。
現に、紙巻タバコは卒業されたようですが。

さて、この『フレンバー』。実は当ブログ管理人が運営するサイトでは、以前からご紹介していた商品でもあります。
» 禁煙グッズならコレ!電子たばこ【Tobacco Road】

当初は、女性の禁煙希望者の為にご紹介させて頂いていた商品でした。
と言うのも、非常にデザインが洗練されていて、女性が手にしても絵になるスタイルだったからです。しかも、公式サイト自体女性を意識したお洒落な作りとなっていたからです。

しかし、上記の筆者が使われているフレンバーは、ガッツリ男子系のアイテムです。
という事で、久しぶりにチェックすると、ありましたぁ!

Frienbr CLOUD17

Frienbr CLOUD17 という商品です。
どうですか?憎らしいほど男くさいフォルムをしていませんか?

この商品、見た目そのままのガツン系らいしのです。
それが煙(水蒸気)です!

たしかにニコチンは入っていないので、ニコチン中毒者としては、正直「ニコチン面」では満足できないが、“煙を吸ってる感” は加熱式たばこよりも、いや……紙巻きたばこを吸っている時よりも感じるかもしれない。ス〜……ブワァッ! って感じで。

最初の一息ではむせ返ったようですが、それ程の「圧」があるようです。

また、何が良いかというと「見た目がタバコではない!」という点です。
従来の電子タバコは、タバコの形に似せたデザインが主流でした。しかし、それだとタバコと勘違いされ、禁煙エリアなどでは気が引けて利用出来ない!という問題点もありました。

しかし、このフォルムなら「まったくの別物」です!
煙が噴き出すモバイル機器としか見えません(笑。

そして、何より「煩わしさが無い!」という点です。
従来品だと、リキッドを本体に注入してからという準備が必要でしたが、こちらの『Frienbr CLOUD17』は、専用カートリッジを差し込んで電源をONにするだけ!

吸いたい時に直ぐに使える利点は、イライラを抑える一つのポイントでもあります。
しかも、800回ほど吸引出来るとか!経済的にも助かりそうです。

さて、筆者のGO羽鳥さんも仰ってますが、今お使いの加熱式タバコと併用することで、節煙、禁煙へと進めていく事が出来るかもしれません。

ただ、やはり当方としましては、本気で禁煙をスタートさせるのであれば、四の五の言わず最初っからニコチン断ち!タール断ち!をやるべきだと思います。

そういう意味では、この電子タバコは禁煙グッズとして「あり!」なのではないでしょうか。

-タバコ関連ニュース
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

屋内全面禁煙論争となった発端

健康増進法改正案とは? 皆さん、コレってご存じでしょうか? そう!今世間で話題となっている屋内全面禁煙論争の火種となっている法案です。 当ブログでも再三お伝えして来たこの問題。そもそもは、受動喫煙防止 …

ニコチンパッチの宅配は効果的?

医師の指導よりも宅配方式の方が効果的?・・・と言うお話。 「医師の指導のもとで行動サポートを行ないながら治療薬を使っても成功率が高いとはいえない。宅配方式は非常に簡単な方法で効果を上げたといえる」とコ …

たばこ税は取りやすい所から取る!

2018年の税制改正で1本1円づつ課税。そして最終目標額は1本3円! 財務省は1箱から60円を搾取したいと考えているようです。 発泡酒や第3のビールの増税といい、我々の嗜好品に対する容赦ない増税は、特 …

「機内に灰皿」のなぜ・・・

飛行機のトイレには灰皿がある。何故なのか?・・・というお話。 公共施設を始め、カフェやレストランにも見られるようになった「禁煙」。そんな時代の流れに反し、飛行機のトイレには、いまだに灰皿が設置されてい …

JTが主力ブランドを値上げ!

主力ブランド【メビウス】を4月に値上げ!というお話。 日本たばこ産業(JT)は4月から、主力ブランドの「メビウス」(旧マイルドセブン)を税込み430円から440円に値上げする。たばこ税の軽減措置が廃止 …