タバコ関連ニュース

歩きたばこで刑事事件?

投稿日:

結婚式 代理 ご祝儀

タバコで損害。刑事事件(器物破損)に訪えられるのか・・・と言うお話。

喫煙者は歩きたばこで通行人の衣服に穴をあけてしまう可能性を予見できます。そうであれば歩きたばこをやめるべきですね。にも関わらず歩きたばこをしたことは喫煙者に不注意(過失)があると言え、不法行為が成立します。相談者はその人に対し、弁償を求めることができます・・・

毎日新聞より

 

人込みの中での歩きたばこは、こういった問題がよく起こります。

 

私自身も喫煙者だった頃、こういうケースでヒヤッとした思いが何度かありました。

その頃は、今と違ってまだ路上喫煙に関して、さほど厳しい環境ではなかったのですが、それでも「まずいぃ!」と感じたのを覚えています。

今回は喫煙者が通行人の衣服に穴をあけようと思って歩きたばこをしたといった事情が見受けられないため、原則として、器物損壊罪は成立しないでしょう・・・

刑事事件上、器物破損での訴えとなるのですが、やはり「故意」ではないので難しいようですねぇ。

しかし、服やカバンなどに焦げや穴が開いた程度なら、弁償で済むのでしょうが、お子さんなどに当たって火傷などを負わせた場合などは、過失傷害罪、又は重過失傷害罪に問われる可能性は大です!

 

確かに、タバコを止めてから冷静に考えてみれば、おかしな話だと思います。

何故ならば、喫煙者の頃は、常に右手には火の点いた『凶器』を何の意識も無く持っていたのですから・・・。

 

喫煙者の皆さん。何かあったからでは遅すぎます。

タバコのリスクは、身体だけの問題ではありません。

-タバコ関連ニュース
-, , , ,

執筆者:

関連記事

禁煙生活最初の峠は「禁煙3日目」

禁煙3日目を乗り越えれば変化が起こる・・・と言うお話し 「禁煙の苦しみ」は肉体的・精神的にさまざまな形で襲ってきます。いわゆる禁煙の離脱症状ですが、そのピークと言われるのが3日目。イライラ、頭痛、集中 …

平昌オリンピック:喫煙

喫煙事情。海外と日本とでは認識が違う!

| 基本、屋外では「喫煙OK!」な国は意外と多い 五輪とたばこ問題「とりあえず喫煙所」は通用しない — 日刊スポーツ 平昌便り より– 連日の熱戦!平昌オリンピックも中盤に入り …

タバコと禿の因果関係

薄毛の原因の一つに喫煙による血行不良が考えられる・・・というお話し タバコを吸う行為がどうして頭髪に影響するのかご説明いたします。 髪の毛を生やす源は「血液中の栄養分」です。頭皮の下に張り巡らされてい …

徹底した欧州の「たばこ嫌い」

| 欧州議会の思い切ったタバコ規制法案!・・・というお話し 欧州議会は8日、若者の喫煙抑制を目的としたたばこ製品規制法案を承認した。一方で、世界各国で人気の高まっている電子たばこの販売を規制する提案は …

なんちゃって分煙

| 曖昧な分煙ルール 分煙を推進するなら、ちゃんとした分煙を — 朝日新聞デジタルより — 当ブログでも、何度となくオリンピックに向けての受動喫煙対策に関して記載して参りました …