タバコ関連ニュース

歩きたばこで刑事事件?

投稿日:

結婚式 代理 ご祝儀

- スポンサードサーチ -

タバコで損害。刑事事件(器物破損)に訪えられるのか・・・と言うお話。

喫煙者は歩きたばこで通行人の衣服に穴をあけてしまう可能性を予見できます。そうであれば歩きたばこをやめるべきですね。にも関わらず歩きたばこをしたことは喫煙者に不注意(過失)があると言え、不法行為が成立します。相談者はその人に対し、弁償を求めることができます・・・

毎日新聞より

 

人込みの中での歩きたばこは、こういった問題がよく起こります。

 

私自身も喫煙者だった頃、こういうケースでヒヤッとした思いが何度かありました。

その頃は、今と違ってまだ路上喫煙に関して、さほど厳しい環境ではなかったのですが、それでも「まずいぃ!」と感じたのを覚えています。

今回は喫煙者が通行人の衣服に穴をあけようと思って歩きたばこをしたといった事情が見受けられないため、原則として、器物損壊罪は成立しないでしょう・・・

刑事事件上、器物破損での訴えとなるのですが、やはり「故意」ではないので難しいようですねぇ。

しかし、服やカバンなどに焦げや穴が開いた程度なら、弁償で済むのでしょうが、お子さんなどに当たって火傷などを負わせた場合などは、過失傷害罪、又は重過失傷害罪に問われる可能性は大です!

 

確かに、タバコを止めてから冷静に考えてみれば、おかしな話だと思います。

何故ならば、喫煙者の頃は、常に右手には火の点いた『凶器』を何の意識も無く持っていたのですから・・・。

 

喫煙者の皆さん。何かあったからでは遅すぎます。

タバコのリスクは、身体だけの問題ではありません。

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース
-, , , ,

執筆者:

関連記事

法律で定められても関係無い!ギリシャ人の禁煙意識

– スポンサードサーチ – 規則は破る為にある!これ、ギリシャ人の常識。禁煙?それ、なんですかぁ? 知り合いがギリシャへ旅行に行った時、愕然としたらしいのです。その理由は、イメージしていたのと全然違う …

大手外食チェーン店も全面禁煙化!

– スポンサードサーチ – 喫煙者にとってのオアシス「ファミレス」も全面禁煙への道に 「取り敢えず、座ってゆっくりタバコを吸いたい。」 喫煙者にとってそう思った瞬間、思わず辺りを見渡し捜すのが喫茶店。 …

禁煙包囲網が更に加速か?屋内全面禁煙化

– スポンサードサーチ – 東京五輪に向けて、日本でも屋内全面禁煙論が噴出!と言うお話。 すでに欧米諸国では当たり前になっているところが見られるが、最近では台湾や北京市内など、アジアの国でも追従する傾 …

ニコチン含有量を減らすと喫煙者が減る?

– スポンサードサーチ – タバコ依存の根本原因はニコチンにあり! [ワシントン 28日 ロイター] – 米食品医薬品局(FDA)は28日、たばこのニコチン含有量を「中毒性のない」水準まで …

全席禁煙の飲み屋が密かに増えている

– スポンサードサーチ – 禁煙飲食店が都内に増えてきた、と言うお話。 世界中から多くの人が集まる2020年の東京五輪を前に禁煙推進団体は、「東京のイメージアップのために飲食店の禁煙を進めたい」と意気 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road