タバコ関連ニュース

法律で定められても関係無い!ギリシャ人の禁煙意識

投稿日:

- スポンサードサーチ -

規則は破る為にある!これ、ギリシャ人の常識。禁煙?それ、なんですかぁ?

知り合いがギリシャへ旅行に行った時、愕然としたらしいのです。その理由は、イメージしていたのと全然違う街並み。

そう、とにかく汚い!
ポイ捨ては当たり前。落書きはそこら中に点在し、路上駐車のオンパレード。

皆さんも思っていたのでは?
エメラルドグリーンの地中海に白壁のキレイな街並みが映え、日本には無い爽やかな光景を・・・。

しかし、そこはギリシャ人の国。
良く言えば、お喋り好きで明るくて自由奔放。普通に言えば、プライドが高過ぎ。悪く言えばルーズで噓つき、と言った人種。

まぁ、古代ギリシャを始め、世界中の文化に影響を与えてきた、まさに歴史の固まりの様な国。

しかも、オリンピックの発祥の地という事もあって、ギリシャは世界の中心!だと思っている国民が大多数のようです。

さて、そんな国が法律で禁煙を定めたらどうなったでしょうか?

実は、2009年には屋内全面禁煙を法制化した「禁煙先進国」でもあるギリシャ。
昨年には、電子タバコに関しての規制強化も図ったようですが・・・。

保健省のパブロス・ポラキス副大臣は昨年、記者会見中にたばこに火を付け、禁煙の規則を平気で無視した。財務省では最近、「ギリシャはたばこの火をもみ消す」という標語の大きなポスターが掲げられている廊下で、喫煙者たちがたばこを吸っていた。

THE WALL STREET JOURNALより

多くのギリシャ国民は、政府を信頼していないようです。
それはそうでしょう。役人や自治体の職員、政治家が率先して法を犯しているのですから。

だからギリシャ人は、規則など守らず禁煙場所でも当たり前の様に喫煙をするのです。

吸いたいから吸う!そこが禁煙エリアだろうが。
非常にシンプルな考え方です。

それ以前に、取り締まる側の行政側の人数が激減して、二進も三進も行かないようですが・・・。
その理由は、長年の景気低迷と、公務員天国だった国のツケが、こんな形で表面化しているようです。

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース

執筆者:

関連記事

タバコ休憩は不公平

タバコ休憩は不公平?

– スポンサードサーチ – 喫煙者だけに許されるタバコ休憩は、不公平・・・と言うお話。 職場で大半を占める非喫煙者は、休憩時間以外はデスクに張りついて仕事をしているのに、喫煙者たちは頻繁に喫煙所に行き …

禁煙成功♪でも、油断は禁物!

– スポンサードサーチ – 禁煙成功と言えるのは、タバコを止めてから15年後? 何だか、禁煙を始めようとしている方の腰を折る様な話で誠に申し訳ないのですが、この『15年』というのは、非喫煙者並みの身体 …

ニコチン置換療法で禁煙率が2倍に!?

– スポンサードサーチ – 我慢と根性で禁煙するよりも、ニコチン置換療法で禁煙すれば成功率がアップ!・・・というお話し ■意志だけの禁煙より2倍の成功率 実は、喫煙以外の方法でニコチンを摂取しながら、 …

屋内全面禁煙論争となった発端

– スポンサードサーチ – 健康増進法改正案とは? 皆さん、コレってご存じでしょうか? そう!今世間で話題となっている屋内全面禁煙論争の火種となっている法案です。 当ブログでも再三お伝えして来たこの問 …

喫煙者が減少。しかし、肺がんは減らない

– スポンサードサーチ – 喫煙者が減少しているにも関わらず、肺がん発症者の数が減らないという問題 「肺がんとたばこにそれほどの関係があるのか?」 今や有名になった麻生大臣の発言ですが、その根拠が上記 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road