タバコ関連ニュース

禁煙したら肺の色は戻るの?

投稿日:

禁煙 肺

禁煙したら真っ黒な肺は元のピンク色に戻るのだろうか・・・と言うお話。

喫煙は肺を真っ黒に汚染し、肺がんや慢性気管支炎の原因になります。しかし、禁煙すると肺は徐々に元の状態に回復していきます。では、禁煙の成果は、肺の色にどれほど現れるものなのでしょうか。

アメーバニュースより

禁煙を始めてふと思う事に、「真っ黒になった肺は、今どの位キレイな色に戻っているのだろうか・・・」と言う疑問。

そもそも、自分の肺が喫煙中どのくらい黒かったかって事自体解らない訳ですが。。。
やっぱりイメージで、「黒くなってるんだろうなぁ~」と思う訳です。

さて、この記事にも記載されているように、禁煙をして5年ぐらいすれば元の色に戻っているのだろう、と勝手に判断してしまいがちですが、結局のところ開胸して実物を見ないと判断出来ないのが事実。

そもそも、元の色に戻らない!なんて凹む様な事を言ってらっしゃる方も居るようですが・・・。
そうなると、禁煙を行う大きな目的が一つ打ち砕かれる事になります。

健康重視で禁煙を始められた方にとっては、「なんじゃぁそりゃぁー!」です。

でも、安心してください!

『禁煙してから肺がんのリスクが低下するのは5~10年後で、喫煙しない人と同等の肺疾患の罹患率になるのは10~15年後と言われています。・・・』

だそうです。

要するに、禁煙を始めれば確実にリスクは軽減出来るという事です。
やけになって、「阿保らしいぃ!禁煙止めてやろうかぁ!」なんて決して思わないで下さい。

禁煙1日1日が、めっけもんです!

-タバコ関連ニュース
-, ,

執筆者:

関連記事

平昌オリンピック:喫煙

喫煙事情。海外と日本とでは認識が違う!

| 基本、屋外では「喫煙OK!」な国は意外と多い 五輪とたばこ問題「とりあえず喫煙所」は通用しない — 日刊スポーツ 平昌便り より– 連日の熱戦!平昌オリンピックも中盤に入り …

ニューヨーク市は更なる禁煙包囲網を強化

更に喫煙へのハードルを高くしたニューヨーク市・・・と言うお話し ニューヨークのブルームバーグ市長は19日、たばこ製品を購入できる最低年齢を18歳から21歳に引き上げる条例案に署名した。これ以外にも、た …

チョッとした他人からのサポートが禁煙を成功させる?

若者への禁煙サポートは、メッセージサービスが効果的?と言うお話。 自己申告で禁煙を長期継続できた人(8週間以上5本より多く喫煙していない)は禁煙サポートメッセージを受けた人で203人、受けていない人で …

店内禁煙による売り上げ減は本当か?

喫煙客が逃げると売り上げが下がってしまう!は事実なのか 高校卒業と同時に飲食関係の仕事にしばらく就いていたので、屋内全面禁煙になった場合、お店の売り上げに関しては「結構痛いだろうなぁ~」と思っておりま …

三次喫煙のリスクには信ぴょう性がない?

三次喫煙は「ニセ科学」だぁ!と言うお話・・・。 「ハイハイしているような赤ちゃんが床やカーペットを舐めて、何らかのたばこ成分を口から取り込んでしまう可能性はあるかもしれません。しかし、一度付着した煙が …