タバコ関連ニュース

禁煙外来の良い点とそうでない点

投稿日:

- スポンサードサーチ -

禁煙サポートの大きな手助けとなる禁煙外来。しかし、欠点も浮き彫りに・・・と言うお話し

禁煙外来は、禁煙をサポートする強力なシステムである。だが、決して万能ではない。私の実感では、ある面ではとても大きな助けになったが、それゆえに、このシステムではカバーできない“難敵”の存在もはっきりと浮かび上がった。そのあたりを事前に認識しておくことが、成否のカギを握るように思う。

JB PRESSより

禁煙をスムーズに行うため、禁煙外来という手を使った事例が掲載されています。

当ブログでも、「使えるものは使った方が良い!」と何度か記載させて頂きましたが、まさに良い判断をされて『禁煙成功継続中』を実現されているようです。しかも無理なく。

私の場合は、古典的な「我慢と根性」で禁煙生活に挑んでいたので、まさにもがき苦しんで性格まで捻くれてしまったような有様でしたぁ。

特に、禁煙による離脱症状。これがどストライクで表面化し、苦しんだ要因の一つとなったのです。

この記事の筆者も言われていますが、禁煙外来は万能ではないとの事。
しかし、ニコチンの離脱による苦しい禁断症状を軽減するには、非常に良い手段だとも言われています。

特に、チャンピックス等の処方薬によるイライラ軽減は、経験していない私からすれば、まさに魔法の様な事例に感じられます。

ただ、個人差があるようですが、副作用は比較的強いようです。

このイライラ。
禁煙を経験されていない方にすれば想像の産物なのでしょうが、この魔物によって禁煙失敗に陥る可能性が高くなるのも事実です。
そのハードルを下げてくれるこの処方薬は、やはり魅力的です!

ただ、薬ではどうしようもない問題が禁煙には付きまといます。
それは、『習慣』です!

さて、それでは通院しながらの禁煙は楽チンだったのか? といえば、実はそうでもない。禁断症状がないだけで、「吸いたい気持ち」はそのまま残っているのだ。

吸いたい気持ち。この欲求が表れるのが習慣化していた『タバコを吸い出す時間・場所・行動』です。

メシを食べた後。トイレに入りながら。コーヒーを飲む時。信号待ちになった時・・・などなど。
無意識に胸ポケットに手が伸びて、タバコを取り出す仕草をしてしまう。そんな時ってあると思います。いや!絶対にそうなります!

まさにこれが習慣であり、この習慣が禁煙生活おける最大の難敵となって立ちはだかるのです。

結論からもうしますと、禁煙による「身体的依存(ニコチン欠乏によるイライラ)」を和らげるなら、断然!禁煙外来でケアしてもらう事をお勧めします。

実際、私が今タバコを止めるとしたら何の躊躇いもなく駆け込むでしょう。
何故なら、あの苦しみはもう味わいたくないからです。

そして、最後ははやり「我慢」が必要だという事!
心理的依存(習慣)は、時間が解決するものなので、こればかりは仕方がありません。

依存って、やっぱり恐ろしいモノです。

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

DNAに刻まれる喫煙歴

– スポンサードサーチ – 禁煙してから相当年月が経った・・・。でも、DNAには残っている。喫煙の痕跡がぁ・・・と言うお話。 米国立研究機関の科学者などからなる研究チームは23日までに、過去にたばこを …

ニコチン含有量を減らすと喫煙者が減る?

– スポンサードサーチ – タバコ依存の根本原因はニコチンにあり! [ワシントン 28日 ロイター] – 米食品医薬品局(FDA)は28日、たばこのニコチン含有量を「中毒性のない」水準まで …

禁煙パレード

5月31日は喫煙者にとっては辛い1日:禁煙デー

– スポンサードサーチ – 世界が声を上げて禁煙を叫ぶ日・・・というお話。 世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、禁煙を呼びかけるパレードが22日、松山市中心部で行われた。約 …

東京五輪に向けての禁煙包囲網が、本格的に強化される!?

– スポンサードサーチ – 全面禁煙を罰則付きの法制化に!・・・と言うお話し 塩崎恭久厚労相は14日の記者会見で「罰則を伴う対策はオリンピック開催国でみんなやっている」と強調。「世界最低レベル」とされ …

結婚式 代理 ご祝儀

歩きたばこで刑事事件?

– スポンサードサーチ – タバコで損害。刑事事件(器物破損)に訪えられるのか・・・と言うお話。 喫煙者は歩きたばこで通行人の衣服に穴をあけてしまう可能性を予見できます。そうであれば歩きたばこをやめる …

禁煙情報サイト:Tobacco Road