タバコ関連ニュース

結局は、個人の判断。

投稿日:

禁煙サポートに電子タバコは有効か否か・・・と言うお話。

電子たばこが喫煙者に健康リスクをほとんど負わせることなく、本物のたばこから引き離すことにつながると述べる人がいる一方、そのどちらも誤っていると指摘する人もいる・・・

THE WALL STREET JOURNALより

 

先に、この記事を読んで思った率直な感想は・・・。

どっちもごもっとも!

だと言うこと。

 

賛成派の意見

潜在的な新治療法がどのようなものであれ、長期的に起こりうるあらゆる影響を徹底的に分析するには多くの年数がかかることを認識しながら、現在入手可能な情報に基づいて電子たばこを評価する必要がある。そして現在の情報では、電子たばこが禁煙を安全に補助できることが示されている・・・。

 

否定派の意見

電子たばこが禁煙補助とならないことに、専門家の意見は一致している。米予防医学作業部会が主要な医学的証拠の検証結果をまとめたところ、禁煙に電子たばこを勧める十分な裏付けは得られなかった。また、世界保健機関(WHO)や米医師会、米内科医師会、米公衆衛生協会など主要な医療保険機関は禁煙のために電子たばこを使うのを勧めていない。その効果を立証するとされるものの質が貧弱だからだ

 

結局は、電子たばこを使う人の禁煙意識。要するに、止めようと言う強い意思があるかどうか、ではないでしょうか。

 

私が禁煙を始めた頃は、こんなユニークな禁煙グッズは無かったので、もしその頃広く普及していたとすれば、試しに使ってみたかもしれません。

なにせ、禁煙による離脱症状を緩和させるのは、禁煙者の最重要項目ですから・・・。

 

因みに、管理人が運営するサイトでも、ちゃっかりご紹介しております。

良かったら、どうぞ!

» 禁煙実体験サイト:Tobacco Road

 

-タバコ関連ニュース
-, ,

執筆者:

関連記事

「機内に灰皿」のなぜ・・・

飛行機のトイレには灰皿がある。何故なのか?・・・というお話。 公共施設を始め、カフェやレストランにも見られるようになった「禁煙」。そんな時代の流れに反し、飛行機のトイレには、いまだに灰皿が設置されてい …

フィリピン。いつの間にか禁煙強化!

| ドゥテルテ大統領。今度はタバコを標的に・・・と言うお話し フィリピン全土が、禁煙になる――フィリピンのポーリン・ウビアル保健相は10月10日、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が10月中にも、同国内の公共 …

三次喫煙のリスクには信ぴょう性がない?

三次喫煙は「ニセ科学」だぁ!と言うお話・・・。 「ハイハイしているような赤ちゃんが床やカーペットを舐めて、何らかのたばこ成分を口から取り込んでしまう可能性はあるかもしれません。しかし、一度付着した煙が …

屋内禁煙。飲食店より深刻な場所とは

受動喫煙被害を防ぐ健康増進法改正案が今国会で成立する見込み! 努力義務だった公共の場での禁煙。しかし、この法案により義務化(罰則付き)される事となり、いよいよ禁煙包囲網が最終局面へと進む事となります。 …

報酬で禁煙成功率が上がる!?

最も効果的な禁煙方法とは? ペンシルベニア大学で薬学の准教授を務めるスコット・ハルパーン氏らは、禁煙治療には「金銭的な成功報酬」を与えるアプローチが最も有効であるということを研究で示しています &#8 …