タバコ関連ニュース

身体にこびれ付いたタバコの臭い

投稿日:

- スポンサードサーチ -

| タバコ臭い訪問業者へのクレームは「有りか?」「無しか?」

たばこ臭い訪問業者へのクレームは「行き過ぎ」か? 「会社に言う」の一方で「その程度でクレームなんて世の中ギスギスする」

キャリコネニュース より

タバコの臭いに関しては、私も非喫煙者になってから幾度となくサイトやブログで記載して参りました。
禁煙日記「祝 禁煙 丸8年」:Tobacco Roadより»

とにかく臭いに敏感になり、嫌悪感しか感じられなくなっております。
その為、外で歩いていても横をすれ違っただけで、身体から発せられる『たばこ臭』を敏感に感じ取り、思わず「ん!?」と反応してしまう事がよくあります。

もちろん、タバコを吸っていなければその程度で受け流すのですが、風上からタバコの臭いが襲って来ようものなら、フツフツと怒りが込み上げてきて、自分でも嫌なぐらい露骨な顔になってしまいます。

ただ単に料簡の狭い短気なオッサンなだけなのですが、どうしても感情が先に込み上げてしまいます。

そして、この記事の話題です。
とは言え、訪問業者と一言で言ってもその種類は多岐に渡ります。

結局、個人それぞれどこまでが許容範囲なのか?という問題となってくるのでしょうが。
因みに、個人的な見解で言いますと、その基準は『時間』と『場所』です。

玄関先までの訪問となる宅配業者などは、時間にすれば一瞬です。しかも玄関の中まで入って来ることは稀です。
このレベルは、こちらが我慢して然りだと思います。

では、スーパーなどの宅配サービスはどうでしょうか?
荷物を玄関の中まで運んでくれるケースも多いかと思います。

しかし、これもこちらが我慢しなければならないのでは?と思います。
何せ、サービスで持ってきてくれる訳ですから。しかも時間にしたら高が知れています。

まぁ~、仲良くなって話し込んでいく!なんてケースもあるのでしょうが、それはお互いに了承している事でしょうし・・・。

ただ、家の中まで入り込む訪問業者の場合は、チョッと話が変わってくるのではないでしょうか。
要は、ひと様の家に入り込んで「商売(サービス)」を行うのですから、少し意味合いが変わってきます。

引っ越し業者なら、キレイな靴下に履き替えての作業は当たり前のサービスとなっていますし、エアコンなどの清掃業者ならビニール製の袋を脚に履いてから作業なんてところも多いのではないでしょうか。これは全て上がり込んでの作業となるので、顧客に対しての「気遣い」の表れであり、「会社イメージの向上」だと言えます。

では、タバコの異臭はOKなのか?
非喫煙者にとっては、当たり前であったクリーンな部屋の空気をタバコの異臭で汚されるのですから、堪ったもんじゃありません!

その業者が家の中でタバコを吸った訳ではなかったとしても、身体に染み込んだニコチン臭は非喫煙者にとっては強烈な臭いなのです。
その為、まさに聖域だった我が家の空気が侵されているような感覚に陥るのです。

また、サービスという観点からもその会社の「姿勢」みたいなモノを感じてしまいます。

以前、冷蔵庫を買い替えた時に配送業者が家の中まで運んでくれた事がありました。
その時、その配送のお兄さん達から良い香りがフアッと匂って来たのです。

思わず「エ~香りがするねぇ!」と言うと、「僕たち喫煙者なんで会社からお客さんの家に入る前にファブリーズをしろ!って言われているんです。」と返ってきました。

何故だか解りませんが、その時非常に良い気分になったのを覚えています。
これが、チョッとした心遣いとも言える『サービス』なのだと・・・。

さて、皆さんはどこまでが許容出来るでしょうか?

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース
-, ,

執筆者:

関連記事

WHO(世界保健機関)襲来!

– スポンサードサーチ – 世界の受動喫煙対策レベルと日本のレベルの違いが顕著に 去る4月7日にWHO(世界保健機関)のナンバー2が来日。 予想はしていましたが、いきなり先制パンチを塩崎厚労大臣に食わ …

麻雀とタバコは切っても切れない!?

– スポンサードサーチ – 受動喫煙防止対策によって客が逃げてしまう!というお話し 厚労省は「国際水準の対策を目指す」と息巻くが、飲食業の業界団体からは「業績悪化につながる」と懸念の声が上がり、特にた …

ニコチン含有量を減らすと喫煙者が減る?

– スポンサードサーチ – タバコ依存の根本原因はニコチンにあり! [ワシントン 28日 ロイター] – 米食品医薬品局(FDA)は28日、たばこのニコチン含有量を「中毒性のない」水準まで …

禁煙パレード

5月31日は喫煙者にとっては辛い1日:禁煙デー

– スポンサードサーチ – 世界が声を上げて禁煙を叫ぶ日・・・というお話。 世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、禁煙を呼びかけるパレードが22日、松山市中心部で行われた。約 …

禁煙:保険適用範囲の緩和

禁煙外来:34歳以下の喫煙者の方は要チェック!

– スポンサードサーチ – 禁煙外来の保険適用範囲が緩和。若い内に禁煙をすると何かと楽です・・・と言うお話 5月31日~6月6日は禁煙週間。今春の診療報酬改定で、34歳以下の禁煙治療の保険適用条件が緩 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road