タバコ関連ニュース

タバコの本数を20本から19本へ 増税対策の荒業!

投稿日:

たばこ増税対策:本数を減らす

喫煙者の皆さん。
タバコの1箱が20本って当たり前の話ですが、20本入っているのってどこで判断します?

もちろん、買ったばっかりだと箱の中にキッチリと納まっている訳ですが、何本か吸うと「あと残り〇〇本!」とハッキリ解るものなのでしょうか?

そう疑問に思うのが、タバコを吸わない人。
でも、喫煙者は感覚で解るのです。不思議な事に・・・。

では、なぜ?

スポンサードサーチ

タバコ1箱の本数が1本減るとどうなる?

日本たばこ産業(JT)が自社ブランドの「ウィンストン」を、増税対策として1箱20本から19本に変えると発表しました。

ウィンストンは、10月1日の増税後一箱430円でしたが、本数を減らし20円引きの410円での販売(11月から)となるようです。

まさに『増税対策の荒行』!
喫煙者にとって、これは企業努力と理解して心から喜ばしい事・・・と思えるのか。

タバコの本数を減らしてお得感を!

たった一本減らしただけでこの価格。「これはお得だぁ!」

そう思った方は、どれ位おられるのでしょうか。

販売価格410円。確かに安い!
しかし、1本減るのは想像以上に大きい。

何故ならば、喫煙者の身体には『タバコを吸う事』が生活習慣に組み込まれているから!

そう、1日に吸う本数が決まっているので、最後の1本を「何処で」「いつ頃」吸うのかが何となく解る訳です。

そう考えると、喫煙者にとっては「たかが一本。されど一本!」となります。

何故ならば、「ん!?あと1本残っていたはずだがぁ・・・。」となり、お得感が消失してしまう恐れがあるからです。

タバコの価格:元々の値段を知ろう!

たばこの値上げ 増税

本数に関しては、解りました。
では、価格の方に目をやってみましょう!

さて、ウィンストンが19本入りになるのは、『ウィンストン・コンパクト・ブルー』というシリーズ。

今現在、3種類を展開している商品ですが、増税前の価格はと言うと、『400円』。
そして、2018年10月1日からの販売価格は『430円』。

ん!?1本1円の増税でなぜプラス30円に?
これに関しては、下記でご紹介を。

とにかく、1本当たり1.5円の値上げ!

そして、今回19本入りで改訂された価格が『410円』。
1本あたり「約21.5円」で、増税前より1.5円の値上げとなります。

だろうなぁ~。と思われた方も多いのでは?
そう!結局同じ価格です。

感覚的にはお得感を持ってしまったが、よくよく考えてみると同じ。

そりゃそうです!お国も企業も取りっぱぐれがないよう、カラクリはしっかりと仕組んでいます。

まさに『19本の錯覚』とでも言いましょうか、踊らされるのはいつも消費者です。

ところで、増税後の販売価格が何故「1本==1円プラスα」になっているのか!と言う問題。

これには理由が。
あくまでも「増税分」は、お国が決めた財務省の取り分です。
それとは別に、「企業の辛い台所事情」が関係しているようなのです。

その言い分とは

当社はこれまでコスト削減努力を行い、品質やブランド価値水準の維持に努めて参りましたが、今後の販売数量の減少によるブランド価値・品質水準を維持していくには、コスト削減努力だけでは限界がきている為、増税分+アルファの定価改訂となりました・・・。
日本たばこ産業株式会社 認可申請について

だそうです。
その為、430円(1本あたり1.5円)の値上げとなったようです。

因みに、更なる値上げとなっているブランドもありますので、チェックしておいて下さい!

まとめ

このニュースを知った時、「おぉぉ!」と一瞬思った喫煙者の方もいらしたのでは?
しかし今のご時世、やはり喫煙者への風向きは厳しいのが現実。19本とお得感をチラ付かせながら、結局はしっかり回収!
「馬鹿にしているのにも程がある!」と思われた方。そろそろ始めますか?禁煙を・・・。

電子タバコ

禁煙の辛さを電子タバコで乗り越える!
加熱式タバコではありません!ニコチンもタールも含まれていないフレーバー吸引器。それが電子タバコです。
イライラした時にサッと口元へ!見た目もオシャレでデザイン性にも優れた禁煙グッズ。

管理人運営サイト【Tobacc Road】で詳細をご紹介しています »

スポンサードサーチ

-タバコ関連ニュース
-, , , ,

執筆者:

関連記事

2016年4月1日。旧3級品も値上げ開始

スポンサードサーチ 最後の砦もいよいよ値上げ!・・・と言うお話。 旧3級品については、「わかば」が260円から290円に、「エコー」が250円から280円に、「ウルマ」が260円から290円に、「バイ …

徹底した欧州の「たばこ嫌い」

スポンサードサーチ | 欧州議会の思い切ったタバコ規制法案!・・・というお話し 欧州議会は8日、若者の喫煙抑制を目的としたたばこ製品規制法案を承認した。一方で、世界各国で人気の高まっている電子たばこの …

現実味を増してきた「禁煙マンション」

スポンサードサーチ | ベランダ喫煙による受動喫煙の問題が増加中 マンションなどで隣人が吸うたばこの受動喫煙に悩む人たちが被害者の会を結成し、声を上げ始めた。家族に煙を吸わせたくないと、ベランダで喫煙 …

コンビニは喫煙者のオアシス?

スポンサードサーチ 喫煙者の味方。それがコンビニです! コンビニの外には、必ずと言っていいほど灰皿がスタンバイしてあります。 路上喫煙禁止の区域などにコンビニがあると、思わずオアシスを見つけたかのよう …

「機内に灰皿」のなぜ・・・

スポンサードサーチ 飛行機のトイレには灰皿がある。何故なのか?・・・というお話。 公共施設を始め、カフェやレストランにも見られるようになった「禁煙」。そんな時代の流れに反し、飛行機のトイレには、いまだ …

禁煙情報サイト:Tobacco Road