タバコ関連ニュース

DNAに刻まれる喫煙歴

投稿日:

- スポンサードサーチ -

禁煙してから相当年月が経った・・・。でも、DNAには残っている。喫煙の痕跡がぁ・・・と言うお話。

米国立研究機関の科学者などからなる研究チームは23日までに、過去にたばこを吸っていた人の遺伝子には喫煙歴を示す痕跡が残り、一部は30年経っても消えないとの調査結果を発表した。

CNN.co.jpより

30年。禁煙してから30年経ってもダメなのかぁ・・・。

今から禁煙を始めようとしている方にとっては、元も子も無い様なお話ではあります。
まさかDNAに残るとは・・・。

それ程、タバコの影響というのは身体に大きく作用する!と言う事でもあります。

研究チームはゲノム上でメチル化が起きる場所を探し、2600箇所以上で喫煙者と非喫煙者の間に相違があることを確認。その影響は人間の遺伝子の約3分の1に当たる7000以上の遺伝子に及ぶという。

では、そんなに絶望的なのか?と言われればその辺は違うようで、どうも禁煙5年を過ぎれば、2600箇所の内の殆どが非喫煙者と同じレベルまで戻るようです。

ただ、180箇所程は残ってしまうようですが・・・。まぁ~この辺は、長年喫煙してきた「ツケ」だと思って割り切るしかありません。

言い換えれば、喫煙し続けると確実に7000以上の遺伝子に傷が及び、タバコ関連の疾患へと繋がって行く可能性は高い!という事です。

因みに、当運営サイトでも『禁煙に「遅い」は関係ない!』というコンテンツをアップしています。
内容としましては、「禁煙はいつからでも有効である!」「禁煙予防は現状より悪くさせない。良い状態に戻す!」と言ったものです。

もし良かったら、チェックしてみて下さい。

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース
-, ,

執筆者:

関連記事

禁煙外来の良い点とそうでない点

– スポンサードサーチ – 禁煙サポートの大きな手助けとなる禁煙外来。しかし、欠点も浮き彫りに・・・と言うお話し 禁煙外来は、禁煙をサポートする強力なシステムである。だが、決して万能ではない。私の実感 …

タバコへの依存は太古の昔から・・・

– スポンサードサーチ – ネアンデルタール人から受け継がれるタバコ依存の遺伝子・・・というお話。 現生人類は数万年前に祖先が混血したネアンデルタール人から、うつ病など12の病気に関連する遺伝情報を受 …

客寄せパンダの力!

– スポンサードサーチ – パンダの赤ちゃん公開で上野動物園が全面禁煙に! ジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の一般公開が来週から始まるのを前に、東京・上野動物園は12日から園内を全面禁煙に …

たばこ 裁判

ついに出たぁ!スモハラ(スモークハラスメント)

– スポンサードサーチ – 「ハラスメント」に、新たにタバコ関連が追加されました!?・・・と言うお話。 神奈川・横浜市の自動車教習所の男性職員が、職場での受動喫煙によって心臓病を再発したなどとして、ス …

平昌オリンピック:喫煙

喫煙事情。海外と日本とでは認識が違う!

– スポンサードサーチ – | 基本、屋外では「喫煙OK!」な国は意外と多い 五輪とたばこ問題「とりあえず喫煙所」は通用しない — 日刊スポーツ 平昌便り より– 連日の熱戦! …

禁煙情報サイト:Tobacco Road