タバコ関連ニュース

DNAに刻まれる喫煙歴

投稿日:

禁煙してから相当年月が経った・・・。でも、DNAには残っている。喫煙の痕跡がぁ・・・と言うお話。

米国立研究機関の科学者などからなる研究チームは23日までに、過去にたばこを吸っていた人の遺伝子には喫煙歴を示す痕跡が残り、一部は30年経っても消えないとの調査結果を発表した。

CNN.co.jpより

30年。禁煙してから30年経ってもダメなのかぁ・・・。

今から禁煙を始めようとしている方にとっては、元も子も無い様なお話ではあります。
まさかDNAに残るとは・・・。

それ程、タバコの影響というのは身体に大きく作用する!と言う事でもあります。

研究チームはゲノム上でメチル化が起きる場所を探し、2600箇所以上で喫煙者と非喫煙者の間に相違があることを確認。その影響は人間の遺伝子の約3分の1に当たる7000以上の遺伝子に及ぶという。

では、そんなに絶望的なのか?と言われればその辺は違うようで、どうも禁煙5年を過ぎれば、2600箇所の内の殆どが非喫煙者と同じレベルまで戻るようです。

ただ、180箇所程は残ってしまうようですが・・・。まぁ~この辺は、長年喫煙してきた「ツケ」だと思って割り切るしかありません。

言い換えれば、喫煙し続けると確実に7000以上の遺伝子に傷が及び、タバコ関連の疾患へと繋がって行く可能性は高い!という事です。

因みに、当運営サイトでも『禁煙に「遅い」は関係ない!』というコンテンツをアップしています。
内容としましては、「禁煙はいつからでも有効である!」「禁煙予防は現状より悪くさせない。良い状態に戻す!」と言ったものです。

もし良かったら、チェックしてみて下さい。

-タバコ関連ニュース
-, ,

執筆者:

関連記事

「タバコは精神安定剤」という神話が崩れた発表結果が

禁煙成功は抗うつ剤並みの効果が!?タバコはストレス解消にはならない?・・・と言うお話。 「『たばこはストレス解消になる』『たばこでリラックスできる』など、喫煙が精神の安定にいいというのは、通説にすぎな …

麻雀とタバコは切っても切れない!?

受動喫煙防止対策によって客が逃げてしまう!というお話し 厚労省は「国際水準の対策を目指す」と息巻くが、飲食業の業界団体からは「業績悪化につながる」と懸念の声が上がり、特にたばこと切っても切れないマージ …

禁煙で逆流性食道炎を改善?

胃酸の逆流によって起こるあの胸やけ。タバコを止めて治るかも・・・というお話。 胃酸が逆流して食道に炎症が起きる「逆流性食道炎」について、禁煙で症状が改善したとする研究成果を大阪市立大の研究グループが発 …

なんちゃって分煙

| 曖昧な分煙ルール 分煙を推進するなら、ちゃんとした分煙を — 朝日新聞デジタルより — 当ブログでも、何度となくオリンピックに向けての受動喫煙対策に関して記載して参りました …

タバコ、吸って良いですか?

タバコあるある!喫煙者の気遣いって、それ本心? 「吸っていい?」と周囲に断りを入れてから、タバコを吸うという喫煙マナーがある。この気遣いに対してあるTwitter利用者が疑問を投げかけたことをきっかけ …