タバコ関連ニュース

Freeは使いようによっては違う意味に

投稿日:

自由では無い『Free』・・・と言うお話し

「SMOKE FREE」は喫煙可?それとも禁煙? 日本人が勘違いしがちな要注意ワード「free」

GetNavi webより

「フリー」と聞けば、自由・無料などが直ぐに思い出されますが、使い方によってはまったく別の意味になってしまう事って、知ってました?

恥ずかしながら、私も余り意識したことが無かったので理解しておりませんでした。

確かに、日本人にとってイメージや雰囲気で理解している英語って色々ありますが、これはまさに要チェックな言葉の一つ!

それは、「SMOKE FREE」という言葉。
喫煙者の皆さんにとっては、死活問題です!!

「〇〇 ・フリー(free)」と「フリー(free)・ 〇〇」の大きな違い

フリー・ペーパー、フリー・ダイヤル、フリー・wifi、フリー・タイム、フリー・アナウンサー、フリー・シッピング(配送無料)、フリー・トーク、フリー・パス、フリー・ランス(自由契約)、フリー・アドミッション(入場無料)、フリー・ムーブメント(自由行動)・・・。

などなど、数を挙げればキリが無いですが、フリーの後に言葉が付くと『自由』や『無料』という意味合いになります。

その逆で、フリーの前に言葉が付くと・・・。

タックス・フリー(課税免除)、デューティー・フリー(関税免除)、バリア・フリー、アルコール・フリー、グルテン・フリー、ファット・フリー、ドラッグ・フリー、ペイン・フリー(無痛の)、ポスト・フリー(郵便料金別納の)、ファンシー・フリー(無邪気な)・・・。

と言ったように、後にフリーがつくと『~の無い』という意味になります。
という事は、スモーク・フリーと表示してある場所は、自由にタバコを吸える場所ではなく、タバコの無い場所。要するに、禁煙スペースという事になります。

これからオリンピックも開催され、こういった英語表記がされた場所が増えてくるでしょう。特に東京都心では。

喫煙者の皆さん。くれぐれもご注意下さい。間違ってもドヤ顔でタバコを吸わないように。

-タバコ関連ニュース
-,

執筆者:

関連記事

JTが主力ブランドを値上げ!

主力ブランド【メビウス】を4月に値上げ!というお話。 日本たばこ産業(JT)は4月から、主力ブランドの「メビウス」(旧マイルドセブン)を税込み430円から440円に値上げする。たばこ税の軽減措置が廃止 …

「機内に灰皿」のなぜ・・・

飛行機のトイレには灰皿がある。何故なのか?・・・というお話。 公共施設を始め、カフェやレストランにも見られるようになった「禁煙」。そんな時代の流れに反し、飛行機のトイレには、いまだに灰皿が設置されてい …

結局は、個人の判断。

禁煙サポートに電子タバコは有効か否か・・・と言うお話。 電子たばこが喫煙者に健康リスクをほとんど負わせることなく、本物のたばこから引き離すことにつながると述べる人がいる一方、そのどちらも誤っていると指 …

禁煙成功はスタートが肝心?

禁煙成功の要は、最初の3日間が勝負!?・・・と言うお話。 禁煙をする上で最も大切なのが、最初の3日間です。この期間にいかに気を紛らわせてタバコを手に取らずにいられるかどうかが、成功のカギを握っています …

禁煙パレード

5月31日は喫煙者にとっては辛い1日:禁煙デー

世界が声を上げて禁煙を叫ぶ日・・・というお話。 世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、禁煙を呼びかけるパレードが22日、松山市中心部で行われた。約100人が横断幕やプラカード …