タバコ関連ニュース

Freeは使いようによっては違う意味に

投稿日:

- スポンサードサーチ -

自由では無い『Free』・・・と言うお話し

「SMOKE FREE」は喫煙可?それとも禁煙? 日本人が勘違いしがちな要注意ワード「free」

GetNavi webより

「フリー」と聞けば、自由・無料などが直ぐに思い出されますが、使い方によってはまったく別の意味になってしまう事って、知ってました?

恥ずかしながら、私も余り意識したことが無かったので理解しておりませんでした。

確かに、日本人にとってイメージや雰囲気で理解している英語って色々ありますが、これはまさに要チェックな言葉の一つ!

それは、「SMOKE FREE」という言葉。
喫煙者の皆さんにとっては、死活問題です!!

「〇〇 ・フリー(free)」と「フリー(free)・ 〇〇」の大きな違い

フリー・ペーパー、フリー・ダイヤル、フリー・wifi、フリー・タイム、フリー・アナウンサー、フリー・シッピング(配送無料)、フリー・トーク、フリー・パス、フリー・ランス(自由契約)、フリー・アドミッション(入場無料)、フリー・ムーブメント(自由行動)・・・。

などなど、数を挙げればキリが無いですが、フリーの後に言葉が付くと『自由』や『無料』という意味合いになります。

その逆で、フリーの前に言葉が付くと・・・。

タックス・フリー(課税免除)、デューティー・フリー(関税免除)、バリア・フリー、アルコール・フリー、グルテン・フリー、ファット・フリー、ドラッグ・フリー、ペイン・フリー(無痛の)、ポスト・フリー(郵便料金別納の)、ファンシー・フリー(無邪気な)・・・。

と言ったように、後にフリーがつくと『~の無い』という意味になります。
という事は、スモーク・フリーと表示してある場所は、自由にタバコを吸える場所ではなく、タバコの無い場所。要するに、禁煙スペースという事になります。

これからオリンピックも開催され、こういった英語表記がされた場所が増えてくるでしょう。特に東京都心では。

喫煙者の皆さん。くれぐれもご注意下さい。間違ってもドヤ顔でタバコを吸わないように。

- スポンサードサーチ -

-タバコ関連ニュース
-,

執筆者:

関連記事

喫煙者にとってタバコ依存は依存症ではない!

– スポンサードサーチ – 喫煙者は自分の事をタバコ依存だとは考えていない ギャンブルでもアルコールでも同じですが、当の本人はその事について執着していない! 要するに『依存』していないと認識しています …

なんちゃって分煙

– スポンサードサーチ – | 曖昧な分煙ルール 分煙を推進するなら、ちゃんとした分煙を — 朝日新聞デジタルより — 当ブログでも、何度となくオリンピックに向けての受動喫煙対 …

店内禁煙による売り上げ減は本当か?

– スポンサードサーチ – 喫煙客が逃げると売り上げが下がってしまう!は事実なのか 高校卒業と同時に飲食関係の仕事にしばらく就いていたので、屋内全面禁煙になった場合、お店の売り上げに関しては「結構痛い …

たばこ 裁判

ついに出たぁ!スモハラ(スモークハラスメント)

– スポンサードサーチ – 「ハラスメント」に、新たにタバコ関連が追加されました!?・・・と言うお話。 神奈川・横浜市の自動車教習所の男性職員が、職場での受動喫煙によって心臓病を再発したなどとして、ス …

屋内原則禁煙はスタートが問題?

– スポンサードサーチ – 厚労省が推し進める屋内原則禁煙が頓挫する理由とは 自民党のたばこ議連の猛追により、厚労省が推し進めてきた「屋内原則禁煙」が、今国会ではお流れになりそうな状況です。 「政治家 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road