知るべし!タバコ情報

禁煙治療の期間と費用を解り易くご紹介

投稿日:

禁煙治療の期間や費用・治療内容
禁煙外来の禁煙治療って、費用はどれぐらい掛かるのだろうか。保険適用ってホント?治療期間はどのくらい?

私が禁煙をスタートさせた頃(2006年8月)に、ちょうど耳にするようになったのが、この禁煙外来でした。

当初は保険適用外!
「高い治療費を出して禁煙?」
「しかも100%禁煙成功できるの?」

なんて疑念を持っていたのを覚えています。
しかし、時代も変われば医療サービスも変わってきます。条件付きで保険適用です。

禁煙をするには、非常に良いタイミングとなってきました。

さて、こちらではそんな禁煙治療に関する『費用や期間』について解説していきたいと思います。

チェックポイント・禁煙治療に掛かる費用と治療が受けられる期間

- スポンサードサーチ -

禁煙治療の気になる費用と治療期間

禁煙治療の期間と費用

禁煙治療の保険適用に関しては、テストを行い禁煙外来の適応と診断されれば、そこから禁煙治療がスタートします。

テストの内容は、下記でご紹介しています。

因みに、製薬会社のHPなどを利用すれば、個人でもこのスクリーニングテストは行えます。

しかし、医療機関でテストを受けられた方が確実だと思います。
あくまでも医師の判断の下、行われますので・・・。

禁煙治療の期間

禁煙治療の受診期間

『禁煙治療 期間』などで検索される方は多いかと思います。

実際、こちらでご覧になっている方の中にも「禁煙治療を行うと、どれ位の期間で卒煙できるのだろう?」と言った疑問を持たれている方は多いと思います。

しかし実際の話は、「禁煙治療には期間が設けられている!」という事です。

確かに、病気の場合は完治するまで。
しかし、禁煙自体は病気ではありません。

禁煙治療は、禁煙を続けて行くための下準備を作る!と考えた方が良いかも知れません。

その治療期間は、健康保険適用の場合で基本12週間で5回の診察を受診することが可能です

1回目 診察
2回目 初回の診察から2週間後
3回目 初回の診察から4週間後(2回目から2週間後)
4回目 初回の診察から8週間後(3回目から4週間後)
5回目 初回の診察から12週間後(4回目から4週間後)

禁煙治療の具体的な診察内容

禁煙治療の診察内容

さて、気になる禁煙治療の診察内容ですが、下記の5つの項目に沿って行われます。

特に、⑤の項目は禁煙を続けて行く上で重要な部分となってきます。

禁煙は孤独な闘いです。その為、自分自身では解らない客観的なアドバイスは、非常に重要なポイントとなってきます

禁煙治療では、そのアドバイスを専門医が行ってくれます。
禁煙継続の大きな力となってくれる筈です。

禁煙治療の診察内容

① 先ずは、患者さん一人ひとりに合った治療計画をたてる為、ニコチン依存度の判定を行います。
② タバコの有害物質の一つである『一酸化炭素』が、どれ位体内に蓄積されているかを呼気一酸化炭素濃度測定によって調べます。
③ 禁煙宣言書に署名をし、禁煙の開始日を決定します。
④ ニコチン依存度により、その患者に合った禁煙補助薬(「ニコチンパッチ」や「バレニクリン」)を処方します。
*因みにこの二つの薬は、健康保険適用で用いられる禁煙補助薬です。
⑤ 禁煙治療を行っていくに当たっての医師からの「アドバイス」や「カウンセリング」を受けます。

初診の際には、この5つの項目に沿って診察が行われます。
それ以降の診察では、③以外の項目が診察内容となります。

気になる禁煙治療の成功率

禁煙治療の成功率

さて、もう一つ気になるポイントとしては、やはり禁煙治療による禁煙成功率ではないでしょうか。

直近のデーターでは、『中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関)』が平成29年度に提出した調査結果が参考になるかと思います。

と、その前に確認しておく事が。
5回ある禁煙治療を最後まで受診せず、途中で止めてしまう方が非常に多いようです。

その理由は、自分個人でも禁煙が出来る!と勝手に判断するケースが多いとの事。

また、受診間隔が空いているので、つい忘れてしまうと言ったケースもあるようです。

そして、最後まで受診した患者の割合は、ナント全体平均34.5%!
思っている以上に終了している方が少ないような気がします。

因みに、想像通り途中で止めた人の禁煙成功率は、非常に低いものとなっています。

禁煙治療の5回目が終了してから、4週間以上禁煙に成功した確率は『平均89.1%』。

禁煙治療終了から9か月後の禁煙成功率

全体 27.3%
1回目で中止 4.7%
2回目で中止 13.0%
3回目で中止 25.4%
4回目で中止 32.0%
5回終了 47.2%

禁煙治療の成功率は、やはりきっちりと5回の診察を受診した人の方が高くなる傾向にあるようです。

禁煙治療に掛かる費用

禁煙治療の費用
先述の通り、禁煙治療は条件付きで保険適用となっています。

その為、治療費に関しては1割負担3割負担に分けられる事となります。

こちらでは、『禁煙推進委員会』が開示している「禁煙治療のための標準手順書」を基にご紹介したいと思います。

費用に関しては、処方される禁煙補助薬により違いが出てきますので、ご注意下さい。

因みに、投与される薬に関しては下記記事内でご紹介しています。

禁煙補助薬がニコチンパッチの場合

初診料+再診料 7,780円
ニコチン依存症管理料 9,620円
院外処方箋料 2,040円
調剤料 2,860円
禁煙補助薬 21,320円
合計 43,620円
1割負担の合計 4,360円
3割負担の合計 13,080円

禁煙補助薬がバレニクリンの場合

初診料+再診料 7,780円
ニコチン依存症管理料 9,620円
院外処方箋料 2,720円
調剤料 6,160円
禁煙補助薬 39,230円
合計 65,510円
1割負担の合計 6,550円
3割負担の合計 19,650円
まとめ

禁煙治療の期間は12週間。約3ヵ月間です。さて、皆さんは3か月の間にどれ位タバコを吸っているのでしょうか?禁煙治療を選択する場合は、タバコ代と治療コストを比較し検討する事も禁煙を始める良い動機となるのではないでしょうか。とにかく孤独な闘いには勝てない!と仰る方。禁煙外来は有効的な手段の一つかも知れません。

『禁煙治療の期間と費用を解り易くご紹介』は、以上となります。

電子タバコ

薬を使わず自分で禁煙を成功させる!
そんな方には、この電子タバコがお勧めです。

加熱式タバコではありません!ニコチンもタールも含まれていないフレーバー吸引器。それが電子タバコです。
イライラした時にサッと口元へ!見た目もオシャレでデザイン性にも優れた禁煙グッズ。

関連記事:「電子タバコ【Vape】とは?」で詳細をご紹介しています »

- スポンサードサーチ -

-知るべし!タバコ情報
-, ,

執筆者:

関連記事

認知行動療法とは

禁煙治療に欠かせない行動療法(認知行動療法)とは

禁煙治療で行動療法って治療法があるけど、どんな治療法なのだろうか。タバコ習慣を変えて違う生活習慣にするって事?効果はどうなのだろう・・・。教えて下さい! 禁煙外来での治療でも行われている行動療法(認知 …

たばこの値段推移一覧

たばこの値段推移一覧:セブンスターなど各銘柄の値段推移

2010年の10月から本格的に始まったタバコの増税!一体たばこの値段は今まで幾ら上がったのだろうか?自分が吸い出してから値段は幾ら上がったのか!?タバコの値段の推移を知ると馬鹿らしく思えてくるかも・・ …

禁煙に「遅い」は関係ない!発がん性リスクを抑える

禁煙に「遅い」は関係ない!禁煙は発がん性リスクを抑える!

喫煙歴はもう30年以上。自分の肺は既に真っ黒!もう元には戻らないと自覚しているだけに、禁煙はもう無理だと思っています。でも、タバコが止めたい。今からでも間に合うのか?・・・。 禁煙をしない!と決めてい …

禁煙治療

禁煙治療は保険適用?治療内容に関して解説します

禁煙治療ってどんな治療を行うのだろう?保険って適用されるのだろうか?・・・。 禁煙は自分の意思で行うモノ! 誰も助けてはくれない!! 私自身、2006年に禁煙をスタートさせたので、環境的には非常に孤独 …

全面禁煙による売り上げは?

全席禁煙で売上は本当に落ちるのか?

・うちの店のお客は半分以上が喫煙者だぁ!間違いなく売り上げは半減するだろう? ・喫煙場を確保したが、座って吸えないのならいい!とよく言われる。さずがに集客にも影響が出るだろう? ・喫煙者の客の方が一人 …

禁煙情報サイト:Tobacco Road